AWS Organizations(1)Organizationsの概要

AWS Organizations

AWS Organizationsは、 複数のAWSアカウントを統合 するためのアカウント管理サービス。 ビジネスの予算、セキュリティ、コンプライアンスのニーズを満たす 以下の機能が備わっている。

  • アカウントの一元管理
  • 一括請求
  • アカウントのグループ( OU )化
  • アカウント毎の アクセスコントロール
  • タグの標準化
  • AIと機械学習サービスがデータを収集/保存する方法を制御
  • 自動バックアップポリシーの使用
  • IAMの統合

これらの機能を実現するために、AWS Organizationsは以下のAWSサービスと連携している。

サービス名 有効化 実現できること
AWS IAM 不要 サービスアクティビティ による 最終アクセス時間の確認
AWS Artifact 必要 組織契約 による 契約の受諾
AWS CloudTrail 必要 組織の証跡 による 証跡の組織への適用
AWS CloudWatch Events 不要
AWS Config 必要 アグリゲータ による 集約ビュー の表示
AWS Control Tower 不要
AWS Directory Service 必要
AWS Firewall Manager 必要 AWS Firewall Manager による WAFルールの管理
AWS ライセンスマネージャー 必要
AWS RAM 必要
AWS Service catalog 必要
Service Quotas 不要
AWS シングルサインオン 必要
AWS System Manager 必要 Systems Manager Explorer によるデータの同期
タグポリシー 必要

AWS Organizationsを有効化すると、複数のAWSアカウントを一括管理することができる。それぞれのアカウントは、ルートを親として 組織単位 (OU)ごとに分類することができる。アカウントは、 管理アカウント (=ルート)と メンバーアカウント に分かれ、管理アカウントにはメンバーアカウントを管理するための様々な権限が付与される。AWS Organizationsの全ての機能を有効化することも、 一括請求機能のみを有効化 することもできる。各OUもしくはアカウント単位に、 サービスコントロールポリシー と呼ばれる各アカウントが持つ権限を明示したポリシーを適用することができる。 サービスコントロールポリシーとタグポリシーは、デフォルトでは無効化されている ので、利用する場合は有効化する。

ベストプラクティス

管理アカウントのベストプラクティス

管理アカウントにはSCPが適用されない ため CloudTrailだけを有効化 し、それ以外のAWSリソースは保有しない。また、管理アカウントのrootユーザのメールアドレスには、 マネージャーを宛先に含むグループメールを指定 する。このrootユーザの パスワードは長くて複雑なものを使用 し、 定期的に変更せずにその内容を金庫に保管、もしくはマネージャーが保管、パスワード管理ツールで保管 する。rootユーザは、MFAの使用を有効した上で、 そのアクセス方法とアクセスのログの記録方法を定める 。管理アカウントに登録する電話番号用に、 専用のSIMカードとデバイスを用意 し、こちらもそのアクセス方法とアクセスのログの記録方法を定める。アカウントへのアクセスや認証情報の 使用方法やリセット方法を定めた上で、定期的にレビュー を行う。

メンバーアカウントのベストプラクティス

メンバーアカウントのrootユーザにも、「グループメールアドレスの指定」「複雑なパスワードの使用」「MFAの有効化」を行う。また、 電話番号は管理アカウントと同一のものを指定 する。アカウントへのアクセスや認証情報の 使用方法やリセット方法を定めた上で、定期的にレビュー を行う。さらに SCPを使用して、メンバーアカウントのrootユーザが実行できることを制限 する。

組織とアカウント

組織

組織を作成する際に、全ての機能を有効化する(奨励)か、課金機能のみ有効化するかを選択することができる。全ての機能を有効化する場合には、各メンバーアカウントに、 AWSServiceRoleForOrganizations ロールが必要となる。また、全て機能を有効化した場合は、 課金機能のみの有効化に戻すことはできない

組織にアカウントを追加するには、

  • メンバーアカウントを新規で作成
  • 既存のAWSアカウントを招待

のいずれかを選ぶことができる。 組織を作成した際、管理アカウントに登録されているメールアドレス宛に確認のメールが送信される 。AWS Organizationsが持つことのできる管理アカウントは1つのみである。 管理アカウントはサービスコントロールポリシーの影響を受けない 。Organizationsを削除すると復元できず、またポリシーも削除される。削除する際には、 全てのメンバーアカウントを消去する必要 がある。

Organizationsに参加したメンバーアカウントでは、サービスコントロールポリシーやタグポリシーが即座に適用され、またサービスの信頼を有効化している場合は、そのサービスからメンバーアカウントに対してアクションを実行することが許可される。また、Organizations内で新規のメンバーアカウントを作成することもできる。

アカウント

メンバーアカウントを新規で作成した場合は、 ルートアカウントと AWSServiceRoleForOrganizations ロール、 OrganizationAccountAccessRole が作成 される。一方で、既存のAWSアカウントを招待した場合には、 AWSServiceRoleForOrganizations ロールのみが作成される。既存のAWSアカウントを招待した場合でも、運用の統一性を考慮して、 OrganizationAccountAccessRole ロールを作成することが望ましい。

新規でメンバーアカウントを作成すると、 アカウント名や電話番号などの情報が管理アカウントからコピー される。また、 rootアカウントのパスワードが自動作成されるが、これを取得することはできない 。このパスワードを取得するためには、パスワードの回復プロセスを実行する必要がある。

組織に属する アカウントの一覧はCSVファイルでエクスポートすることができる

メンバーアカウントを新規で作成した場合は、作成から7日以降に組織から削除することができる 。また、メンバーアカウントが組織を離れると全てのタグが削除される。アカウント自体を閉鎖する場合には、 rootユーザのパスワードを取得した上でアカウントの閉鎖処理を行う。

OU

OUは最大5レベルの深さまでネスト できる。OUは名前の変更、タグ付け、アカウントとの紐付け、削除が可能。

組織ポリシー

組織にはサービスポリシーと管理ポリシーが存在する。 ポリシーはルート, OU, アカウントに関連づけることができルートもしくはOUに紐づけられたポリシーは、そのOUもしくはその下にあるOUが継承 する。

ポリシーの継承

サービスポリシーの場合、フィルタのように振る舞うため、 上位のSCPにDeny構文があった場合、下位のSCPでそのサービスを許可することはできない 。拒否リストの場合は、まず全てのサービスが許可されていて、不要なサービスを明示的に拒否する。 拒否リスト戦略は、AWSのサービスが追加された場合でもメンテナンスが不要 である。 許可リストの場合は、デフォルトのFullAWSAccessを削除して暗黙的なDenyを適用 し、必要なサービスのみを許可したSCPをアタッチする。

How SCP Permissions Work

管理ポリシーの場合、構文内に 継承演算子 が含まれており、これに従った動作を行う。継承演算子には、 @@assign, @@append, @@remove が存在する。

サービスポリシー( SCP

サービスポリシーは、 最大で使用できるアクセスの権限を各アカウントに対して指定できる機能 。Organizationsの全ての機能を有効化した場合に使用できる。 メンバーアカウントのルートユーザにも適用されアカウントに与える影響が非常に大きいため、適用する際には詳細なテストが必要である。IAMのサービスアクティビティに表示される、各アカウントの最終アクセス時刻を参考にポリシーの内容を決定することが望ましい。

サービスポリシーは以下のタスクには影響しない。

  • 管理アカウント
  • Service-linked Role
  • ルートユーザの認証
  • サポートプランの変更
  • CloudFrontの一部機能

サービスポリシーは、IAMポリシーとほぼ同じ構文を使用する。 Principal, NotPrincipal, NotResource は使用できない。複数のポリシーが適用されている場合は、明示的なDenyがAllowよりも優先される。ポリシーの例は、 サービスコントロールポリシーの例 を参照のこと。

管理ポリシー

AIサービスのオプトアウトポリシー は、Amazon CodeGuru Profiler、Amazon Comprehend、Amazon Lex、Amazon Polly、Amazon Rekognition、Amazon Textract、Amazon Transcribe、Amazon TranslateなどのAIサービスで行われるサービス改善のためのコンテンツ保存のオプトアウトを設定できる。

バックアップポリシー は、AWS Backupを使用したバックアップのルール(バックアップの頻度、バックアップが発生する時間枠、バックアップするリソースを含むAWSリージョン、バックアップを保存するボールト)を指定できる。

タグポリシーは、タグキーおよびタグ値の大文字と小文字の処理方法の設定などを規定することができる。デフォルトでは、タグポリシーへのコンプライアンスの強制はされない。強制をサポートするAWSサービスは 強制をサポートするサービスとリソースタイプ を参照のこと。

参考リンク

AWS CloudTrail(1)CloudTrailの概要

CloudTrailとは

CloudTrailは、AWS アカウントの ガバナンスコンプライアンス運用監査リスク監査を行うためのサービス。AWSマネージメントコンソールやAWS CLI、SDK、APIで実行されたアクションを、ログに記録する。API アクティビティに特化した機能であり、パフォーマンスのモニタリングとシステムの正常性をモニタリングできるCloudWatchとは用途が異なる。

CloudTrailは、AWSアカウントを作成した際に自動的に有効になる。イベントとして記録された証跡と呼ばれるこれらのデータは、過去90日分を表示、検索、ダウンロード、アーカイブ、分析等を行うことができる。

証跡はサーバサイド暗号化を使用してS3バケットへ配信、およびAmazon CloudWatch Logs 、Amazon CloudWatch Eventsなどを用いて配信や分析を行うことができる。ログは、 1時間に複数回、約5分ごとに発行され、イベント発生から15分以内に配信される。CloudTrailには、設定変更などを含む管理イベントと情報の取得などを含むデータイベントの2つの種類のイベントが保存できるが、標準では管理イベントのみが保存される。設定により、S3およびLambdaのデータイベントを証跡に含ませることができる。なお、CloudTrailは全てのリージョンに適用可能であるが、イベントをログに記録するリージョンのみで表示することができる

セキュリティ

以下の手段を用いることで、CloudTrailが生成した証跡を適切に保全し、インシデント発生時のフォレンジックを正常に遂行することができる。

データ保護

  • 診断ログに機密情報が残ることを避けるため、名前フィールドなどに機密情報を載せることはしない

検出

  • 全てのリージョンで証跡を有効化する
  • 証跡を保存するS3バケットは、サーバサード暗号化を行う
  • CloudWatch Logsとの統合を行い、イベントの監視を行う

予防

  • 証跡を保存するS3バケットは、専用のAWSアカウントに保存する
  • 証跡を保存するS3バケットには、最低限のアクセス権限のみ付与する。
  • 証跡を保存するS3バケットに対して、MFA Deleteを有効化する

AWS CloudTrail のセットアップ

CloudRrailはCloudFormationに対応しているため、CloudFormation経由でCloudTrailをセットアップすることができる。

IAM Roleの有効化

CloudTrailにCloudWatch Logsへのアクセス権限を付与する。

Resources:
  IAMRoleForCloudTrail:
    Type: 'AWS::IAM::Role'
    Properties:
      AssumeRolePolicyDocument:
        Version: 2012-10-17
        Statement:
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: cloudtrail.amazonaws.com
            Action: 'sts:AssumeRole'
      Description: A role required for CloudTrail to access CloudWatch Logs.
      Policies:
        - PolicyName: !Sub '${AWS::StackName}-AWSCloudTrailCloudWatchLogsPolicy-${AWS::Region}'
          PolicyDocument:
            Version: 2012-10-17
            Statement:
              - Effect: Allow
                Action:
                  - 'logs:PutLogEvents'
                  - 'logs:CreateLogStream'
                Resource:
                  - !GetAtt CloudWatchLogsGroupForCloudTrail.Arn
      RoleName: !Sub '${AWS::StackName}-CloudTrail-${AWS::Region}'

S3バケットの作成

証跡を保存するS3バケットと、CloudTrailからS3バケットへのアクセスを許可する、バケットポリシーを作成する。適切なバケットポリシーを設定しないと、 InsufficientS3BucketPolicyException エラーが発生する。

Resouces:
  S3ForCloudTrail:
    Type: 'AWS::S3::Bucket'
    DeletionPolicy: Retain
    Properties:
      BucketEncryption:
        ServerSideEncryptionConfiguration: 
          - ServerSideEncryptionByDefault: 
              SSEAlgorithm: aws:kms
      BucketName: !Sub defaultsecuritysettings-cloudtrail-${AWS::Region}-${AWS::AccountId}
      LifecycleConfiguration:
        Rules:
          - Id: ExpirationInDays
            ExpirationInDays: 60
            Status: Enabled
      LoggingConfiguration:
        DestinationBucketName: !Ref LogBacketName
        LogFilePrefix: CloudTrail/
      PublicAccessBlockConfiguration: 
        BlockPublicAcls: true
        BlockPublicPolicy: true
        IgnorePublicAcls: true
        RestrictPublicBuckets: true
  S3BucketPolicyForCloudTrail:
    Type: 'AWS::S3::BucketPolicy'
    Properties: 
      Bucket: !Ref S3ForCloudTrail
      PolicyDocument:
        Version: 2012-10-17
        Id: !Ref S3ForCloudTrail
        Statement:
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: cloudtrail.amazonaws.com
            Action:
              - 's3:GetBucketAcl'
            Resource:
              - !GetAtt S3ForCloudTrail.Arn
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: cloudtrail.amazonaws.com
            Action:
              - 's3:PutObject'
            Resource:
              - !Join
                - ''
                - - !GetAtt S3ForCloudTrail.Arn
                  - /AWSLogs/
                  - !Sub ${AWS::AccountId}
                  - /*
            Condition:
              StringEquals:
                s3:x-amz-acl: bucket-owner-full-control

CloudWatch Logsの作成

CloudWatch Logs の Log Group を作成する。

Resources:
  CloudWatchLogsGroupForCloudTrail:
    Type: 'AWS::Logs::LogGroup'
    Properties:
      LogGroupName: !Sub '/aws/cloudtrail/${AWS::StackName}'
      RetentionInDays: 365

CloudTrailの有効化

CloudTrail を有効化する。先ほど作成したS3バケットとCloudWatch Logsを証跡の出力先に指定する。通常は、データイベントの保存は行わないが、以下のテンプレートでは、S3とLambdaのデータイベントも保存している。

Resources:
  CloudTrail:
    DependsOn:
      - S3BucketPolicyForCloudTrail
    Condition: CreateCentralizedResources
    Type: 'AWS::CloudTrail::Trail'
    Properties:
      CloudWatchLogsLogGroupArn: !GetAtt CloudWatchLogsGroupForCloudTrail.Arn
      CloudWatchLogsRoleArn: !GetAtt IAMRoleForCloudTrail.Arn
      EnableLogFileValidation: true
      EventSelectors:
        - DataResources: 
            # All S3 buckets
            - Type: AWS::S3::Object
              Values: 
                - arn:aws:s3
            # All Lambda functions
            - Type: AWS::Lambda::Function
              Values: 
                - arn:aws:lambda
      IncludeGlobalServiceEvents: true
      IsLogging: true
      IsMultiRegionTrail: true
      S3BucketName: !Ref S3ForCloudTrail
      SnsTopicName: !Ref SnsTopicName
      TrailName: !Sub ${AWS::StackName}

CloudFormation Launch Stack URL

以下のボタンから上のCloudFormationテンプレートを実行することが可能である。ソースコードは、aws-cloudformation-templates/security – GitHub にて公開。

作成されるAWSサービス CloudFormationテンプレート
セキュリティサービス全般 cloudformation-launch-stack
CloudTrailのみ cloudformation-launch-stack

AWS Config(3)アクセスキーの管理と自動削除

アクセスキーの適切な管理

CIS AWS Foundations Benchmark というセキュリティガイドラインが公開されており、このガイドラインは、AWSアカウントをセキュアに保つために必要なAWSのセキュリティ設定を集めたベストプラクティス集として活用できる。

この CIS AWS Foundations Benchmarkでは、アクセスキーの取り扱いについて以下のように定めている。

  • 1.3 90 日間以上使用されていない認証情報は無効にします
  • 1.4 アクセスキーは 90 日ごとに更新します

この CIS AWS Foundations Benchmark準拠していないアクセスキーCloudWatch EventsLambda を用いて 自動削除 するために以下の設定を行う。

  1. 上記のポリシーに準拠しているか AWS Config を用いて定期的にチェックを行う
  2. 非準拠であった場合には、CloudWatch EventsLambda自動起動する
  3. Lambda非準拠のアクセスキーを削除する

1. AWS Configの有効化

AWS Configを有効化する手順については、こちら

2. AWS Configを用いた定期チェック

アクセスキーのチェックには、あらかじめAWS Configに用意されている access-keys-rotated マネージドルールを使用する。CIS AWS Foundations Benchmark で奨励されているアクセスキーの有効期限は、マネージドルール内の InputParameters で設定する。アクセスキーがこの条件を満たしていない場合、このリソースはルールに 非準拠(NON_COMPLIANT) であると判定される。

なお、この Config Rule を設定する前に ConfigurationRecorder を生成しておく必要がある。そこで、DependsOn 属性に ConfigurationRecorder リソースを設定している。

Resources:
  ConfigIamAccessKeysRotated:
    DependsOn:
      - ConfigConfigurationRecorder
    Type: 'AWS::Config::ConfigRule'
    Properties:
      ConfigRuleName: access-keys-rotated
      Description: アクティブなアクセスキーが、maxAccessKeyAge で指定された日数内にローテーションされるかどうかを確認します。
      InputParameters:
        maxAccessKeyAge: 90
      Source:
        Owner: AWS
        SourceIdentifier: ACCESS_KEYS_ROTATED

3. CloudWatch Events を用いた Lambda の自動実行

Configルールに 非準拠(NON_COMPLIANT)となった場合に、これを修復するLambdaを発火させるためのトリガとして、CloudWatch Events を設定する。

Resources:
  CloudWatchEventsForConfigIamAccessKeysRotated:
    Type: 'AWS::Events::Rule'
    Properties: 
      Description: CloudWatch Events about Config IAM Access Keys Rotated.
      EventPattern:
        source:
          - aws.config
        detail-type: 
          - Config Rules Compliance Change
        detail:
          messageType:
            - ComplianceChangeNotification
          newEvaluationResult:
            complianceType:
              - NON_COMPLIANT
      Name: AWS_Config
      State: ENABLED
      Targets:
        - Arn: !GetAtt LambdaDeleteExpiredAccessKeys.Arn
          Id: lambda

4. Lambda を用いた アクセスキー の削除

Lambdaが受け取るConfigから通知されたメッセージには、期限切れのアクセスキーを持つIAMユーザの情報が含まれる。そこでLambdaは、このユーザが持つアクセスキーのうち、有効期限を超過したアクセスキーのIDを探し当てDeleteAccessKey API を用いてこれを削除する。

また、AWS::Lambda::Permission リソースタイプを用いて、前述のCloudWatch Eventsが、このLambdaを実行可能とする権限を設定する。

Resources:
  LambdaDeleteExpiredAccessKeys:
    Type: 'AWS::Lambda::Function'
    Properties:
      Code:
        ZipFile: |
          import boto3
          import datetime
          import time
          import logging

          logger = logging.getLogger()
          logger.setLevel(logging.INFO)

          def lambda_handler(event, context):
              logger.info(str(event))
            
              if 'detail' in event:
                  detail = event['detail']
                  if 'configRuleName' in detail:
                      # access-keys-rotated
                      if detail['configRuleName'] == 'access-keys-rotated':
                          iam = boto3.client('iam')
                          users = iam.list_users()
                          for user in users['Users']:
                              if detail['resourceId'] == user['UserId']:
                                  access_keys = iam.list_access_keys(
                                      UserName=user['UserName']
                                      )
                                  for access_key in access_keys['AccessKeyMetadata']:
                                      create_date = access_key['CreateDate'].timestamp()
                                      now = time.time()
                                      if now - create_date > 60*60*24*90:
                                          response = iam.delete_access_key(
                                              UserName=user['UserName'],
                                              AccessKeyId=access_key['AccessKeyId']
                                          )
      Description: 有効期限が過ぎたアクセスキーを削除します
      FunctionName: deleteExpiredAccessKeys
      Handler: index.lambda_handler
      MemorySize: 128
      Role: !GetAtt IAMRoleForLambda.Arn
      Runtime: python3.7
      Tags:
        - Key: !Ref TagKey
          Value: !Ref TagValue
      Timeout: 3
      TracingConfig:
        Mode: Active
  LambdaDeleteExpiredAccessKeysPermission:
    Type: 'AWS::Lambda::Permission'
    Properties:
      Action: lambda:InvokeFunction
      FunctionName: !Ref LambdaDeleteExpiredAccessKeys
      Principal: events.amazonaws.com
      # DO NOT write 'SourceAccount' option.
      SourceArn: !GetAtt CloudWatchEventsForConfigIamAccessKeysRotated.Arn

以上で、CIS AWS Foundations Benchmark に非準拠のアクセスキーを削除することができた。

Amazon GuardDuty(1)GuardDutyの概要

GuardDutyとは

Amazon GuardDuty は、VPC フローログAWS CloudTrail イベントログDNS ログ を分析して、悪意のある操作や不正な動作を継続的にモニタリングする脅威検出サービス。AWS 環境内の予期しない潜在的に未許可なアクティビティや悪意のあるアクティビティを識別して、AWS アカウントとワークロードを保護を行う。

検出結果

潜在的に悪意のある予期しないアクティビティを検出すると、GuardDuty によって結果が生成される。またこれらの結果は、GuardDuty のマネージメントコンソールから閲覧できるだけでなく、 CloudWatch Events を利用して表示することもできる。

検出した脅威は以下のタイプに分類される。

タイプ 重要度 内容
Backdoor:EC2/Spambot EC2 インスタンスが ポート 25 でリモートホストと通信 して通常と異なる動作を示す。
Backdoor:EC2/C&CActivity.B!DNS EC2 インスタンスは、既知のコマンド&コントロールサーバーに関連付けられるドメイン名をクエリ している。
Backdoor:EC2/DenialOfService.Tcp EC2 インスタンスが、TCP プロトコルを使用したサービス拒否 (DoS) 攻撃の実行に利用されている可能性がある。
Backdoor:EC2/DenialOfService.Udp EC2 インスタンスが、UDP プロトコルを使用したサービス拒否 (DoS) 攻撃の実行に利用されている可能性がある。
Backdoor:EC2/DenialOfService.Dns EC2 インスタンスが、DNS プロトコルを使用したサービス拒否 (DoS) 攻撃の実行に利用されている可能性がある。
Backdoor:EC2/DenialOfService.UdpOnTcpPorts EC2 インスタンスが、TCP ポートで UDP プロトコルを使用したサービス拒否 (DoS) 攻撃の実行に利用されている可能性がある。
Backdoor:EC2/DenialOfService.UnusualProtocol EC2 インスタンスが、異常なプロトコルを使用したサービス拒否 (DoS) 攻撃の実行に利用されている可能性がある。
Behavior:EC2/NetworkPortUnusual EC2 インスタンスが 通常と異なるポート でリモートホストと通信している。
Behavior:EC2/TrafficVolumeUnusual EC2 インスタンスがリモートホストに対して通常と異なる 大量のネットワークトラフィック を生成している。
CryptoCurrency:EC2/BitcoinTool.B!DNS EC2 インスタンスは、 暗号通貨 関連のアクティビティに関連付けられているドメイン名をクエリしている。
CryptoCurrency:EC2/BitcoinTool.B EC2 インスタンスは、 暗号通貨 関連のアクティビティに関連付けられている IP アドレスをクエリしている。
PenTest:IAMUser/KaliLinux API が Kali Linux EC2 インスタンスから呼び出されました。
PenTest:IAMUser/ParrotLinux API が Parrot Security Linux EC2 インスタンスから呼び出されました。
PenTest:IAMUser/PentooLinux API が Pentoo Linux EC2 インスタンスから呼び出されました。
Persistence:IAMUser/NetworkPermissions プリンシパルが、通常 AWS アカウントの セキュリティグループ、ルート、ACL のネットワークアクセス許可を変更 するために使用される API を呼び出した。
Persistence:IAMUser/ResourcePermissions プリンシパルが、通常 AWS アカウントのさまざまなリソースの セキュリティアクセスポリシーを変更 するために使用される API を呼び出した。
Persistence:IAMUser/UserPermissions プリンシパルが、通常 AWS アカウントの IAM ユーザー、グループ、ポリシーを追加、変更、削除 するために使用される API を呼び出した。
Policy:IAMUser/S3BlockPublicAccessDisabled バケットの Amazon S3 ブロック パブリックアクセスが無効 になった。
Policy:IAMUser/RootCredentialUsage API が ルート認証情報を使用 して呼び出された。
PrivilegeEscalation:IAMUser/AdministrativePermissions プリンシパルが 許容度の高いポリシーを割り当て ようとしている。
Recon:EC2/PortProbeUnprotectedPort EC2 インスタンスの 保護されていないポートを既知の悪意のあるホストが探している
Recon:EC2/PortProbeEMRUnprotectedPort EMR クラスタの 保護されていないポートを既知の悪意のあるホストが探している
Recon:IAMUser/TorIPCaller API が Tor 出口ノード の IP アドレスから呼び出された。
Recon:IAMUser/MaliciousIPCaller.Custom API が カスタム脅威リストにある IP アドレス から呼び出された。
Recon:IAMUser/MaliciousIPCaller API が既知の 悪意のある IP アドレス から呼び出された。
Recon:EC2/Portscan EC2 インスタンスがリモートホストに アウトバウンドポートスキャン を実行している。
Recon:IAMUser/NetworkPermissions プリンシパルが、通常 AWS アカウントの既存のセキュリティグループ、ACL、ルートの ネットワークアクセス許可を検出 するために使用される API を呼び出した。
Recon:IAMUser/ResourcePermissions プリンシパルが、通常 AWS アカウントのさまざまなリソースに関連付けられた アクセス権限を検出 するために使用される API を呼び出した。
ResourceConsumption:IAMUser/ComputeResources プリンシパルが、通常 EC2 インスタンスなどの コンピューティングリソースを起動 するために使用される API を呼び出した。
Stealth:IAMUser/S3ServerAccessLoggingDisabled バケットの Amazon S3 サーバーアクセスログ記録が無効 になった.
Stealth:IAMUser/PasswordPolicyChange アカウントの パスワードポリシーが弱化 された.
Stealth:IAMUser/CloudTrailLoggingDisabled AWS CloudTrail の証跡が無効化 されている。
Stealth:IAMUser/LoggingConfigurationModified プリンシパルが、通常 AWS アカウントの CloudTrail ログ記録の停止、既存ログの削除 、その他アクティビティの痕跡を消去するために使用される API を呼び出した。
Trojan:EC2/BlackholeTraffic EC2 インスタンスは、ブラックホール と呼ばれるリモートホストの IP アドレスに通信しようとしている。
Trojan:EC2/DropPoint EC2 インスタンスは、マルウェア によって収集された認証情報やその他の盗難されたデータによって認識されているリモートホストの IP アドレスに通信しようとしている。
Trojan:EC2/BlackholeTraffic!DNS EC2 インスタンスは、ブラックホール IP アドレスにリダイレクトされるドメイン名へのクエリを実行している。
Trojan:EC2/DriveBySourceTraffic!DNS EC2 インスタンスは、Drive By Download 攻撃 の既知のソースであるリモートホストのドメイン名をクエリしている。
Trojan:EC2/DropPoint!DNS EC2 インスタンスは、マルウェア によって収集された認証情報やその他の盗難されたデータによって認識されているリモートホストのドメイン名をクエリしている。
Trojan:EC2/DGADomainRequest.B EC2 インスタンスで、アルゴリズムを使用して生成されたドメイン がクエリされている。
Trojan:EC2/DGADomainRequest.C!DNS EC2 インスタンスで、アルゴリズムを使用して生成されたドメイン がクエリされています。このようなドメインは、一般的にマルウェアによって悪用されることが多く、EC2 インスタンスが侵害されている場合がある。
Trojan:EC2/DNSDataExfiltration EC2 インスタンスが DNS クエリを通じて データを密かに抽出 しようとしている。
Trojan:EC2/PhishingDomainRequest!DNS EC2 インスタンスは フィッシング攻撃 に関与するクエリ実行のドメインである。
UnauthorizedAccess:EC2/MetadataDNSRebind Amazon EC2 インスタンスが、インスタンスメタデータサービスに解決される DNS ルックアップ を実行している。
UnauthorizedAccess:IAMUser/TorIPCaller API が Tor 出口ノードの IP アドレスから呼び出された。
UnauthorizedAccess:IAMUser/MaliciousIPCaller.Custom API が カスタム脅威リスト にある IP アドレスから呼び出された。
UnauthorizedAccess:IAMUser/ConsoleLoginSuccess.B 世界中でコンソールに対する複数の正常なログインが確認 された。
UnauthorizedAccess:IAMUser/MaliciousIPCaller API が既知の悪意のある IP アドレス から呼び出された。
UnauthorizedAccess:EC2/TorIPCaller EC2 インスタンスが Tor 出口ノードからのインバウンド接続を受信している。
UnauthorizedAccess:EC2/MaliciousIPCaller.Custom EC2 インスタンスが カスタム脅威リスト内の IP アドレス とアウトバウンド通信している。
UnauthorizedAccess:EC2/SSHBruteForce EC2 インスタンスが SSH ブルートフォース攻撃 に関与している。
UnauthorizedAccess:EC2/RDPBruteForce EC2 インスタンスが RDP ブルートフォース攻撃 に関与している。
UnauthorizedAccess:IAMUser/InstanceCredentialExfiltration インスタンス起動ロールを通じて EC2 インスタンス専用に作成された 認証情報が外部 IP アドレスから使用されている
UnauthorizedAccess:IAMUser/ConsoleLogin AWS アカウントのプリンシパルによる 通常とは違うコンソールへのログイン が確認された。
UnauthorizedAccess:EC2/TorClient EC2 インスタンスは Tor Guard または Authority ノードに接続している。
UnauthorizedAccess:EC2/TorRelay EC2 インスタンスは、Tor リレーとして Tor ネットワークに接続中である。

Amazon GuardDuty のセットアップ

Amazon GuardDutyはCloudFormationに対応しているため、CloudFormation経由でGuardDutyをセットアップすることができる。

サービスロールの有効化

以下のサービスロールを有効化することで、EC2リストの読み込み権限GuardDuty に付与する。これは、悪意のあるアクティビティに関係する AWS 環境の EC2 インスタンスのメタデータを取得するためである。

Resources:
  ServiceLinkedRoleForGuardDuty:
    Type: AWS::IAM::ServiceLinkedRole
    DeletionPolicy: Retain
    Properties: 
      AWSServiceName: guardduty.amazonaws.com
      Description: A service-linked role required for Amazon GuardDuty to access your resources.

GuardDutyの有効化

GuardDuty を有効化する。有効化すると直ちにデータの取得と分析を開始する。 これらの処理は、通常のAWS CloudTrail、VPC フローログ、および DNS ログの保存とは独立している。

Resources:
  GuardDutyDetector:
    DependsOn:
      - ServiceLinkedRoleForGuardDuty
    Type: AWS::GuardDuty::Detector
    Properties:
      Enable: true

CloudFormation Launch Stack URL

以下のボタンから上のCloudFormationテンプレートを実行することが可能である。ソースコードは、aws-cloudformation-templates/security – GitHub にて公開。

作成されるAWSサービス CloudFormationテンプレート
セキュリティサービス全般 cloudformation-launch-stack
GuardDutyのみ cloudformation-launch-stack