AWS CloudTrail(1)CloudTrailの概要

CloudTrailとは

CloudTrailは、AWS アカウントの ガバナンスコンプライアンス運用監査リスク監査を行うためのサービス。AWSマネージメントコンソールやAWS CLI、SDK、APIで実行されたアクションを、ログに記録する。API アクティビティに特化した機能であり、パフォーマンスのモニタリングとシステムの正常性をモニタリングできるCloudWatchとは用途が異なる。

CloudTrailは、AWSアカウントを作成した際に自動的に有効になる。イベントとして記録された証跡と呼ばれるこれらのデータは、過去90日分を表示、検索、ダウンロード、アーカイブ、分析等を行うことができる。

証跡はサーバサイド暗号化を使用してS3バケットへ配信、およびAmazon CloudWatch Logs 、Amazon CloudWatch Eventsなどを用いて配信や分析を行うことができる。ログは、 1時間に複数回、約5分ごとに発行され、イベント発生から15分以内に配信される。CloudTrailには、設定変更などを含む管理イベントと情報の取得などを含むデータイベントの2つの種類のイベントが保存できるが、標準では管理イベントのみが保存される。設定により、S3およびLambdaのデータイベントを証跡に含ませることができる。なお、CloudTrailは全てのリージョンに適用可能であるが、イベントをログに記録するリージョンのみで表示することができる

セキュリティ

以下の手段を用いることで、CloudTrailが生成した証跡を適切に保全し、インシデント発生時のフォレンジックを正常に遂行することができる。

データ保護

  • 診断ログに機密情報が残ることを避けるため、名前フィールドなどに機密情報を載せることはしない

検出

  • 全てのリージョンで証跡を有効化する
  • 証跡を保存するS3バケットは、サーバサード暗号化を行う
  • CloudWatch Logsとの統合を行い、イベントの監視を行う

予防

  • 証跡を保存するS3バケットは、専用のAWSアカウントに保存する
  • 証跡を保存するS3バケットには、最低限のアクセス権限のみ付与する。
  • 証跡を保存するS3バケットに対して、MFA Deleteを有効化する

AWS CloudTrail のセットアップ

CloudRrailはCloudFormationに対応しているため、CloudFormation経由でGuardDutyをセットアップすることができる。

IAM Roleの有効化

CloudTrailにCloudWatch Logsへのアクセス権限を付与する。

Resources:
  IAMRoleForCloudTrail:
    Type: 'AWS::IAM::Role'
    Properties:
      AssumeRolePolicyDocument:
        Version: 2012-10-17
        Statement:
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: cloudtrail.amazonaws.com
            Action: 'sts:AssumeRole'
      Description: A role required for CloudTrail to access CloudWatch Logs.
      Policies:
        - PolicyName: !Sub '${AWS::StackName}-AWSCloudTrailCloudWatchLogsPolicy-${AWS::Region}'
          PolicyDocument:
            Version: 2012-10-17
            Statement:
              - Effect: Allow
                Action:
                  - 'logs:PutLogEvents'
                  - 'logs:CreateLogStream'
                Resource:
                  - !GetAtt CloudWatchLogsGroupForCloudTrail.Arn
      RoleName: !Sub '${AWS::StackName}-CloudTrail-${AWS::Region}'

S3バケットの作成

証跡を保存するS3バケットと、CloudTrailからS3バケットへのアクセスを許可する、バケットポリシーを作成する。適切なバケットポリシーを設定しないと、 InsufficientS3BucketPolicyException エラーが発生する。

Resouces:
  S3ForCloudTrail:
    Type: 'AWS::S3::Bucket'
    DeletionPolicy: Retain
    Properties:
      BucketEncryption:
        ServerSideEncryptionConfiguration: 
          - ServerSideEncryptionByDefault: 
              SSEAlgorithm: aws:kms
      BucketName: !Sub defaultsecuritysettings-cloudtrail-${AWS::Region}-${AWS::AccountId}
      LifecycleConfiguration:
        Rules:
          - Id: ExpirationInDays
            ExpirationInDays: 60
            Status: Enabled
      LoggingConfiguration:
        DestinationBucketName: !Ref LogBacketName
        LogFilePrefix: CloudTrail/
      PublicAccessBlockConfiguration: 
        BlockPublicAcls: true
        BlockPublicPolicy: true
        IgnorePublicAcls: true
        RestrictPublicBuckets: true
  S3BucketPolicyForCloudTrail:
    Type: 'AWS::S3::BucketPolicy'
    Properties: 
      Bucket: !Ref S3ForCloudTrail
      PolicyDocument:
        Version: 2012-10-17
        Id: !Ref S3ForCloudTrail
        Statement:
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: cloudtrail.amazonaws.com
            Action:
              - 's3:GetBucketAcl'
            Resource:
              - !GetAtt S3ForCloudTrail.Arn
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: cloudtrail.amazonaws.com
            Action:
              - 's3:PutObject'
            Resource:
              - !Join
                - ''
                - - !GetAtt S3ForCloudTrail.Arn
                  - /AWSLogs/
                  - !Sub ${AWS::AccountId}
                  - /*
            Condition:
              StringEquals:
                s3:x-amz-acl: bucket-owner-full-control

CloudWatch Logsの作成

CloudWatch Logs の Log Group を作成する。

Resources:
  CloudWatchLogsGroupForCloudTrail:
    Type: 'AWS::Logs::LogGroup'
    Properties:
      LogGroupName: !Sub '/aws/cloudtrail/${AWS::StackName}'
      RetentionInDays: 365

CloudTrailの有効化

CloudTrail を有効化する。先ほど作成したS3バケットとCloudWatch Logsを証跡の出力先に指定する。通常は、データイベントの保存は行わないが、以下のテンプレートでは、S3とLambdaのデータイベントも保存している。

Resources:
  CloudTrail:
    DependsOn:
      - S3BucketPolicyForCloudTrail
    Condition: CreateCentralizedResources
    Type: 'AWS::CloudTrail::Trail'
    Properties:
      CloudWatchLogsLogGroupArn: !GetAtt CloudWatchLogsGroupForCloudTrail.Arn
      CloudWatchLogsRoleArn: !GetAtt IAMRoleForCloudTrail.Arn
      EnableLogFileValidation: true
      EventSelectors:
        - DataResources: 
            # All S3 buckets
            - Type: AWS::S3::Object
              Values: 
                - arn:aws:s3
            # All Lambda functions
            - Type: AWS::Lambda::Function
              Values: 
                - arn:aws:lambda
      IncludeGlobalServiceEvents: true
      IsLogging: true
      IsMultiRegionTrail: true
      S3BucketName: !Ref S3ForCloudTrail
      SnsTopicName: !Ref SnsTopicName
      TrailName: !Sub ${AWS::StackName}

CloudFormation Launch Stack URL

以下のボタンから上のCloudFormationテンプレートを実行することが可能である。ソースコードは、aws-cloudformation-templates/security – GitHub にて公開。

作成されるAWSサービス CloudFormationテンプレート
セキュリティサービス全般 cloudformation-launch-stack
CloudTrailのみ cloudformation-launch-stack