AWS CloudTrail(2)CIS AWS Foundations Benchmarkに準拠するための通知設定

IAMパスワードポリシーの自動修復

CIS AWS Foundations Benchmark というセキュリティガイドラインが公開されており、このガイドラインは、AWSアカウントをセキュアに保つために必要なAWSのセキュリティ設定を集めたベストプラクティス集として活用できる。

この CIS AWS Foundations Benchmarkでは、CloudTrailによって検知された特定のイベントに対して以下のような対応を求めている。

  • 3.1 不正な API 呼び出しに対してログメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します
  • 3.2 MFA なしの AWS マネジメントコンソール サインインに対してログメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します
  • 3.3 「ルート」アカウントに対してログメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します
  • 3.4 MFA なしの IAM ポリシーの変更に対してログメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します
  • 3.5 MFA なしの CloudTrail 設定の変更に対してログメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します
  • 3.6 AWS マネジメントコンソール 認証の失敗に対してログメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します
  • 3.7 カスタマー作成の CMK の無効化またはスケジュールされた削除に対してログメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します
  • 3.8 S3 バケットの変更に対してログメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します
  • 3.9 AWS Config 設定の変更に対してログメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します
  • 3.10 セキュリティグループの変更に対するメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します
  • 3.11 ネットワークアクセスコントロールリスト (NACL) への変更に対するログメトリクスとアラームが存在することを確認します
  • 3.12 ネットワークゲートウェイへの変更に対するログメトリクスとアラームが存在することを確認します
  • 3.13 ルートテーブルの変更に対してログメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します
  • 3.14 VPC の変更に対してログメトリクスフィルタとアラームが存在することを確認します

上述のログメトリクスフィルタとアラームを設定し、CIS AWS Foundations Benchmark準拠するために以下の設定を行う。

  1. CloudWatch Logs の MetricFilter を作成する
  2. 上のメトリクスに対する CloudWatch Alarm を作成する
  3. 閾値を超えた場合にAmazon SNSに通知を送る
Resources:
  # CIS 3.1 a log metric filter and alarm exist for unauthorized API calls 
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailUnauthorizedAPICalls:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties:
      FilterPattern: '{($.errorCode="*UnauthorizedOperation") || ($.errorCode="AccessDenied*")}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: UnauthorizedAPICalls 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailUnauthorizedAPICalls:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *不正なAPIコールを検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Warning-${AWS::StackName}-CloudTrail-Unauthorized-API-Calls'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      DatapointsToAlarm: 6
      EvaluationPeriods: 60
      MetricName: UnauthorizedAPICalls
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.2 a log metric filter and alarm exist for AWS Management Console sign-in without MFA
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailLoginWithoutMFA:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties:
      FilterPattern: '{($.eventName="ConsoleLogin") && ($.additionalEventData.MFAUsed !="Yes")}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: LoginWithoutMFA 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailLoginWithoutMFA:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *MFAなしのログインを検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Warning-${AWS::StackName}-CloudTrail-Login-Without-MFA'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: LoginWithoutMFA
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.3 a log metric filter and alarm exist for usage of "root" account 
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailForRootAcount:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties:
      FilterPattern: '{$.userIdentity.type="Root" && $.userIdentity.invokedBy NOT EXISTS && $.eventType !="AwsServiceEvent"}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: ForRootAcount 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailForRootAcount:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *ルートアカウントに対する変更を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Warning-${AWS::StackName}-CloudTrail-For-RootAcount'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: ForRootAcount
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.4 a log metric filter and alarm exist for IAM policy changes 
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailIamPolicyChanges:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties:
      FilterPattern: '{($.eventName=DeleteGroupPolicy) || ($.eventName=DeleteRolePolicy) || ($.eventName=DeleteUserPolicy) || ($.eventName=PutGroupPolicy) || ($.eventName=PutRolePolicy) || ($.eventName=PutUserPolicy) || ($.eventName=CreatePolicy) || ($.eventName=DeletePolicy) || ($.eventName=CreatePolicyVersion) || ($.eventName=DeletePolicyVersion) || ($.eventName=AttachRolePolicy) || ($.eventName=DetachRolePolicy) || ($.eventName=AttachUserPolicy) || ($.eventName=DetachUserPolicy) || ($.eventName=AttachGroupPolicy) || ($.eventName=DetachGroupPolicy)}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: IamPolicyChanges 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailIamPolicyChanges:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *IAMポリシーの変更を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Warning-${AWS::StackName}-CloudTrail-IamPolicy-Changes'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: IamPolicyChanges
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.5 a log metric filter and alarm exist for CloudTrail configuration changes 
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailCloudTrailConfigurationChanges:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties:
      FilterPattern: '{($.eventName=CreateTrail) || ($.eventName=UpdateTrail) || ($.eventName=DeleteTrail) || ($.eventName=StartLogging) || ($.eventName=StopLogging)}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: CloudTrailConfigurationChanges 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailCloudTrailConfigurationChanges:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *CloudTrailの設定変更を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Warning-${AWS::StackName}-CloudTrail-CloudTrailConfiguration-Changes'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: CloudTrailConfigurationChanges
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.6 a log metric filter and alarm exist for AWS Management Console authentication failures
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailAuthenticationFailuresDetected:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties:
      FilterPattern: '{($.eventName=ConsoleLogin) && ($.errorMessage="Failed authentication")}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: AuthenticationFailuresDetected 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailAuthenticationFailuresDetected:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *ログイン認証失敗を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Warning-${AWS::StackName}-CloudTrail-AuthenticationFailures-Detected'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: AuthenticationFailuresDetected
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.7 a log metric filter and alarm exist for disabling or scheduled deletion of customer created CMKs 
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailCustomerCreatedCMKsChanges:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties:
      FilterPattern: '{($.eventSource=kms.amazonaws.com) && (($.eventName=DisableKey) || ($.eventName=ScheduleKeyDeletion))}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: CustomerCreatedCMKsChanges 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailCustomerCreatedCMKsChanges:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *カスタマー作成CMKの無効化もしくは削除を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Warning-${AWS::StackName}-CloudTrail-CustomerCreatedCMKs-Changes'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: CustomerCreatedCMKsChanges
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.8 a log metric filter and alarm exist for S3 bucket policy changes 
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailS3BucketPolicyChanges:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties:
      FilterPattern: '{($.eventSource=s3.amazonaws.com) && (($.eventName=PutBucketAcl) || ($.eventName=PutBucketPolicy) || ($.eventName=PutBucketCors) || ($.eventName=PutBucketLifecycle) || ($.eventName=PutBucketReplication) || ($.eventName=DeleteBucketPolicy) || ($.eventName=DeleteBucketCors) || ($.eventName=DeleteBucketLifecycle) || ($.eventName=DeleteBucketReplication))}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: S3BucketPolicyChanges 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailS3BucketPolicyChanges:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *S3のバケットポリシーの変更を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Notice-${AWS::StackName}-CloudTrail-S3BucketPolicy-Changes'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: S3BucketPolicyChanges
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.9 a log metric filter and alarm exist for AWS Config configuration changes 
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailConfigConfigurationChanges:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties: 
      FilterPattern: '{($.eventSource=config.amazonaws.com) && (($.eventName=StopConfigurationRecorder) || ($.eventName=DeleteDeliveryChannel) || ($.eventName=PutDeliveryChannel) || ($.eventName=PutConfigurationRecorder))}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: ConfigConfigurationChanges 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailConfigConfigurationChanges:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *Configの設定変更を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Warning-${AWS::StackName}-CloudTrail-ConfigConfiguration-Changes'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: ConfigConfigurationChanges
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.10 a log metric filter and alarm exist for changes to Security Group 
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailSecurityGroupChanges:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties: 
      FilterPattern: '{($.eventName=AuthorizeSecurityGroupIngress) || ($.eventName=AuthorizeSecurityGroupEgress) || ($.eventName=RevokeSecurityGroupIngress) || ($.eventName=RevokeSecurityGroupEgress) || ($.eventName=CreateSecurityGroup) || ($.eventName=DeleteSecurityGroup)}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: SecurityGroupChanges 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailSecurityGroupChanges:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *セキュリティグループの変更を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Warning-${AWS::StackName}-CloudTrail-SecurityGroup-Changes'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: SecurityGroupChanges
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.11 a log metric filter and alarm exist for changes to Network Access Control Lists (NACL) 
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailNACLChanges:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties: 
      FilterPattern: '{($.eventName=CreateNetworkAcl) || ($.eventName=CreateNetworkAclEntry) || ($.eventName=DeleteNetworkAcl) || ($.eventName=DeleteNetworkAclEntry) || ($.eventName=ReplaceNetworkAclEntry) || ($.eventName=ReplaceNetworkAclAssociation)}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: NACLChanges 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailNACLChanges:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *NACLの変更を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Notice-${AWS::StackName}-CloudTrail-NACL-Changes'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: NACLChanges
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.12 a log metric filter and alarm exist for changes to network gateways
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailNetworkGatewayChanges:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties: 
      FilterPattern: '{($.eventName=CreateCustomerGateway) || ($.eventName=DeleteCustomerGateway) || ($.eventName=AttachInternetGateway) || ($.eventName=CreateInternetGateway) || ($.eventName=DeleteInternetGateway) || ($.eventName=DetachInternetGateway)}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: NetworkGatewayChanges 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailNetworkGatewayChanges:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *ネットワークゲートウェイの変更を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Notice-${AWS::StackName}-CloudTrail-NetworkGateway-Changes'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: NetworkGatewayChanges
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.13 a log metric filter and alarm exist for route table changes
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailRouteTableChanges:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties: 
      FilterPattern: '{($.eventName=CreateRoute) || ($.eventName=CreateRouteTable) || ($.eventName=ReplaceRoute) || ($.eventName=ReplaceRouteTableAssociation) || ($.eventName=DeleteRouteTable) || ($.eventName=DeleteRoute) || ($.eventName=DisassociateRouteTable)}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: RouteTableChanges 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailRouteTableChanges:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *ルートテーブルの変更を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Notice-${AWS::StackName}-CloudTrail-RouteTable-Changes'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: RouteTableChanges
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching
  # CIS 3.14 a log metric filter and alarm exist for VPC changes 
  CloudWatchLogsMetricFilterCloudTrailVpcChanges:
    Type: 'AWS::Logs::MetricFilter'
    Properties: 
      FilterPattern: '{($.eventName=CreateVpc) || ($.eventName=DeleteVpc) || ($.eventName=ModifyVpcAttribute) || ($.eventName=AcceptVpcPeeringConnection) || ($.eventName=CreateVpcPeeringConnection) || ($.eventName=DeleteVpcPeeringConnection) || ($.eventName=RejectVpcPeeringConnection) || ($.eventName=AttachClassicLinkVpc) || ($.eventName=DetachClassicLinkVpc) || ($.eventName=DisableVpcClassicLink) || ($.eventName=EnableVpcClassicLink)}'
      LogGroupName: !Ref CloudWatchLogsGroupForCloudTrail
      MetricTransformations:
        - MetricName: VpcChanges 
          MetricNamespace: LogMetrics
          MetricValue: '1'
  CloudWatchAlarmMetricFilterCloudTrailVpcChanges:
    Type: 'AWS::CloudWatch::Alarm'
    Properties:
      ActionsEnabled: true
      AlarmActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      AlarmDescription: '*CloudTrail* が *VPCの変更を検知* しました。'
      AlarmName: !Sub 'Notice-${AWS::StackName}-CloudTrail-Vpc-Changes'
      ComparisonOperator: GreaterThanOrEqualToThreshold
      EvaluationPeriods: 1
      MetricName: VpcChanges
      Namespace: LogMetrics
      OKActions:
        - !Ref SnsTopicARN
      Period: 60
      Statistic: Maximum
      Threshold: 1
      TreatMissingData: notBreaching

また、これらのメトリクスのアラーム通知先となる、Amazon SNSTopic Policy を作成する。

Resources:
  SNSAlert:
    Type: 'AWS::SNS::Topic'
    Properties:
      DisplayName: !Sub 'System Notifications from ${AWS::StackName}'
      TopicName: !Sub '${AWS::StackName}-system-notifications'
  SNSAlertTopicPolicy:
    Type: 'AWS::SNS::TopicPolicy'
    Properties:
      Topics: 
        - !Ref SNSAlert
      PolicyDocument:
        Version: 2012-10-17
        Statement:
          - Effect: Allow
            # All AWS Services
            Principal:
              AWS: '*'
            Resource: '*'
            Action: 'SNS:Publish'

AWS CloudTrail(1)CloudTrailの概要

CloudTrailとは

CloudTrailは、AWS アカウントの ガバナンスコンプライアンス運用監査リスク監査を行うためのサービス。AWSマネージメントコンソールやAWS CLI、SDK、APIで実行されたアクションを、ログに記録する。API アクティビティに特化した機能であり、パフォーマンスのモニタリングとシステムの正常性をモニタリングできるCloudWatchとは用途が異なる。

CloudTrailは、AWSアカウントを作成した際に自動的に有効になる。イベントとして記録された証跡と呼ばれるこれらのデータは、過去90日分を表示、検索、ダウンロード、アーカイブ、分析等を行うことができる。

証跡はサーバサイド暗号化を使用してS3バケットへ配信、およびAmazon CloudWatch Logs 、Amazon CloudWatch Eventsなどを用いて配信や分析を行うことができる。ログは、 1時間に複数回、約5分ごとに発行され、イベント発生から15分以内に配信される。CloudTrailには、設定変更などを含む管理イベントと情報の取得などを含むデータイベントの2つの種類のイベントが保存できるが、標準では管理イベントのみが保存される。設定により、S3およびLambdaのデータイベントを証跡に含ませることができる。なお、CloudTrailは全てのリージョンに適用可能であるが、イベントをログに記録するリージョンのみで表示することができる

セキュリティ

以下の手段を用いることで、CloudTrailが生成した証跡を適切に保全し、インシデント発生時のフォレンジックを正常に遂行することができる。

データ保護

  • 診断ログに機密情報が残ることを避けるため、名前フィールドなどに機密情報を載せることはしない

検出

  • 全てのリージョンで証跡を有効化する
  • 証跡を保存するS3バケットは、サーバサード暗号化を行う
  • CloudWatch Logsとの統合を行い、イベントの監視を行う

予防

  • 証跡を保存するS3バケットは、専用のAWSアカウントに保存する
  • 証跡を保存するS3バケットには、最低限のアクセス権限のみ付与する。
  • 証跡を保存するS3バケットに対して、MFA Deleteを有効化する

AWS CloudTrail のセットアップ

CloudRrailはCloudFormationに対応しているため、CloudFormation経由でGuardDutyをセットアップすることができる。

IAM Roleの有効化

CloudTrailにCloudWatch Logsへのアクセス権限を付与する。

Resources:
  IAMRoleForCloudTrail:
    Type: 'AWS::IAM::Role'
    Properties:
      AssumeRolePolicyDocument:
        Version: 2012-10-17
        Statement:
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: cloudtrail.amazonaws.com
            Action: 'sts:AssumeRole'
      Description: A role required for CloudTrail to access CloudWatch Logs.
      Policies:
        - PolicyName: !Sub '${AWS::StackName}-AWSCloudTrailCloudWatchLogsPolicy-${AWS::Region}'
          PolicyDocument:
            Version: 2012-10-17
            Statement:
              - Effect: Allow
                Action:
                  - 'logs:PutLogEvents'
                  - 'logs:CreateLogStream'
                Resource:
                  - !GetAtt CloudWatchLogsGroupForCloudTrail.Arn
      RoleName: !Sub '${AWS::StackName}-CloudTrail-${AWS::Region}'

S3バケットの作成

証跡を保存するS3バケットと、CloudTrailからS3バケットへのアクセスを許可する、バケットポリシーを作成する。適切なバケットポリシーを設定しないと、 InsufficientS3BucketPolicyException エラーが発生する。

Resouces:
  S3ForCloudTrail:
    Type: 'AWS::S3::Bucket'
    DeletionPolicy: Retain
    Properties:
      BucketEncryption:
        ServerSideEncryptionConfiguration: 
          - ServerSideEncryptionByDefault: 
              SSEAlgorithm: aws:kms
      BucketName: !Sub defaultsecuritysettings-cloudtrail-${AWS::Region}-${AWS::AccountId}
      LifecycleConfiguration:
        Rules:
          - Id: ExpirationInDays
            ExpirationInDays: 60
            Status: Enabled
      LoggingConfiguration:
        DestinationBucketName: !Ref LogBacketName
        LogFilePrefix: CloudTrail/
      PublicAccessBlockConfiguration: 
        BlockPublicAcls: true
        BlockPublicPolicy: true
        IgnorePublicAcls: true
        RestrictPublicBuckets: true
  S3BucketPolicyForCloudTrail:
    Type: 'AWS::S3::BucketPolicy'
    Properties: 
      Bucket: !Ref S3ForCloudTrail
      PolicyDocument:
        Version: 2012-10-17
        Id: !Ref S3ForCloudTrail
        Statement:
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: cloudtrail.amazonaws.com
            Action:
              - 's3:GetBucketAcl'
            Resource:
              - !GetAtt S3ForCloudTrail.Arn
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: cloudtrail.amazonaws.com
            Action:
              - 's3:PutObject'
            Resource:
              - !Join
                - ''
                - - !GetAtt S3ForCloudTrail.Arn
                  - /AWSLogs/
                  - !Sub ${AWS::AccountId}
                  - /*
            Condition:
              StringEquals:
                s3:x-amz-acl: bucket-owner-full-control

CloudWatch Logsの作成

CloudWatch Logs の Log Group を作成する。

Resources:
  CloudWatchLogsGroupForCloudTrail:
    Type: 'AWS::Logs::LogGroup'
    Properties:
      LogGroupName: !Sub '/aws/cloudtrail/${AWS::StackName}'
      RetentionInDays: 365

CloudTrailの有効化

CloudTrail を有効化する。先ほど作成したS3バケットとCloudWatch Logsを証跡の出力先に指定する。通常は、データイベントの保存は行わないが、以下のテンプレートでは、S3とLambdaのデータイベントも保存している。

Resources:
  CloudTrail:
    DependsOn:
      - S3BucketPolicyForCloudTrail
    Condition: CreateCentralizedResources
    Type: 'AWS::CloudTrail::Trail'
    Properties:
      CloudWatchLogsLogGroupArn: !GetAtt CloudWatchLogsGroupForCloudTrail.Arn
      CloudWatchLogsRoleArn: !GetAtt IAMRoleForCloudTrail.Arn
      EnableLogFileValidation: true
      EventSelectors:
        - DataResources: 
            # All S3 buckets
            - Type: AWS::S3::Object
              Values: 
                - arn:aws:s3
            # All Lambda functions
            - Type: AWS::Lambda::Function
              Values: 
                - arn:aws:lambda
      IncludeGlobalServiceEvents: true
      IsLogging: true
      IsMultiRegionTrail: true
      S3BucketName: !Ref S3ForCloudTrail
      SnsTopicName: !Ref SnsTopicName
      TrailName: !Sub ${AWS::StackName}

CloudFormation Launch Stack URL

以下のボタンから上のCloudFormationテンプレートを実行することが可能である。ソースコードは、aws-cloudformation-templates/security – GitHub にて公開。

作成されるAWSサービス CloudFormationテンプレート
セキュリティサービス全般 cloudformation-launch-stack
CloudTrailのみ cloudformation-launch-stack

Amazon GuardDuty(1)GuardDutyの概要

GuardDutyとは

Amazon GuardDuty は、VPC フローログAWS CloudTrail イベントログDNS ログ を分析して、悪意のある操作や不正な動作を継続的にモニタリングする脅威検出サービス。AWS 環境内の予期しない潜在的に未許可なアクティビティや悪意のあるアクティビティを識別して、AWS アカウントとワークロードを保護を行う。

検出結果

潜在的に悪意のある予期しないアクティビティを検出すると、GuardDuty によって結果が生成される。またこれらの結果は、GuardDuty のマネージメントコンソールから閲覧できるだけでなく、 CloudWatch Events を利用して表示することもできる。

検出した脅威は以下のタイプに分類される。

タイプ 重要度 内容
Backdoor:EC2/Spambot EC2 インスタンスがポート 25 でリモートホストと通信して通常と異なる動作を示す。
Backdoor:EC2/C&CActivity.B!DNS EC2 インスタンスは、既知のコマンドアンドコントロールサーバーに関連付けられるドメイン名をクエリしている。
Backdoor:EC2/DenialOfService.Tcp EC2 インスタンスが、TCP プロトコルを使用したサービス拒否 (DoS) 攻撃の実行に利用されている可能性がある。
Backdoor:EC2/DenialOfService.Udp EC2 インスタンスが、UDP プロトコルを使用したサービス拒否 (DoS) 攻撃の実行に利用されている可能性がある。
Backdoor:EC2/DenialOfService.Dns EC2 インスタンスが、DNS プロトコルを使用したサービス拒否 (DoS) 攻撃の実行に利用されている可能性がある。
Backdoor:EC2/DenialOfService.UdpOnTcpPorts EC2 インスタンスが、TCP ポートで UDP プロトコルを使用したサービス拒否 (DoS) 攻撃の実行に利用されている可能性がある。
Backdoor:EC2/DenialOfService.UnusualProtocol EC2 インスタンスが、異常なプロトコルを使用したサービス拒否 (DoS) 攻撃の実行に利用されている可能性がある。
Behavior:EC2/NetworkPortUnusual EC2 インスタンスが通常と異なるポートでリモートホストと通信している。
Behavior:EC2/TrafficVolumeUnusual EC2 インスタンスがリモートホストに対して通常と異なる大量のネットワークトラフィックを生成している。
CryptoCurrency:EC2/BitcoinTool.B!DNS EC2 インスタンスは、暗号通貨関連のアクティビティに関連付けられているドメイン名をクエリしている。
CryptoCurrency:EC2/BitcoinTool.B EC2 インスタンスは、暗号通貨関連のアクティビティに関連付けられている IP アドレスをクエリしている。
PenTest:IAMUser/KaliLinux API が Kali Linux EC2 インスタンスから呼び出されました。
PenTest:IAMUser/ParrotLinux API が Parrot Security Linux EC2 インスタンスから呼び出されました。
PenTest:IAMUser/PentooLinux API が Pentoo Linux EC2 インスタンスから呼び出されました。
Persistence:IAMUser/NetworkPermissions プリンシパルが、通常 AWS アカウントのセキュリティグループ、ルート、ACL のネットワークアクセス許可を変更するために使用される API を呼び出した。
Persistence:IAMUser/ResourcePermissions プリンシパルが、通常 AWS アカウントのさまざまなリソースのセキュリティアクセスポリシーを変更するために使用される API を呼び出した。
Persistence:IAMUser/UserPermissions プリンシパルが、通常 AWS アカウントの IAM ユーザー、グループ、ポリシーを追加、変更、削除するために使用される API を呼び出した。
Policy:IAMUser/S3BlockPublicAccessDisabled バケットの Amazon S3 ブロックパブリックアクセスが無効になった。
Policy:IAMUser/RootCredentialUsage API がルート認証情報を使用して呼び出された。
PrivilegeEscalation:IAMUser/AdministrativePermissions プリンシパルが許容度の高いポリシーを割り当てようとしている。
Recon:EC2/PortProbeUnprotectedPort EC2 インスタンスの保護されていないポートを既知の悪意のあるホストが探している。
Recon:EC2/PortProbeEMRUnprotectedPort EMR クラスタの保護されていないポートを既知の悪意のあるホストが探している。
Recon:IAMUser/TorIPCaller API が Tor 出口ノードの IP アドレスから呼び出された。
Recon:IAMUser/MaliciousIPCaller.Custom API がカスタム脅威リストにある IP アドレスから呼び出された。
Recon:IAMUser/MaliciousIPCaller API が既知の悪意のある IP アドレスから呼び出された。
Recon:EC2/Portscan EC2 インスタンスがリモートホストにアウトバウンドポートスキャンを実行している。
Recon:IAMUser/NetworkPermissions プリンシパルが、通常 AWS アカウントの既存のセキュリティグループ、ACL、ルートのネットワークアクセス許可を検出するために使用される API を呼び出した。
Recon:IAMUser/ResourcePermissions プリンシパルが、通常 AWS アカウントのさまざまなリソースに関連付けられたアクセス権限を検出するために使用される API を呼び出した。
ResourceConsumption:IAMUser/ComputeResources プリンシパルが、通常 EC2 インスタンスなどのコンピューティングリソースを起動するために使用される API を呼び出した。
Stealth:IAMUser/S3ServerAccessLoggingDisabled バケットの Amazon S3 サーバーアクセスログ記録が無効になった.
Stealth:IAMUser/PasswordPolicyChange アカウントのパスワードポリシーが弱化された.
Stealth:IAMUser/CloudTrailLoggingDisabled AWS CloudTrail の証跡が無効化されている。
Stealth:IAMUser/LoggingConfigurationModified プリンシパルが、通常 AWS アカウントの CloudTrail ログ記録の停止、既存ログの削除、その他アクティビティの痕跡を消去するために使用される API を呼び出した。
Trojan:EC2/BlackholeTraffic EC2 インスタンスは、ブラックホールと呼ばれるリモートホストの IP アドレスに通信しようとしている。
Trojan:EC2/DropPoint EC2 インスタンスは、マルウェアによって収集された認証情報やその他の盗難されたデータによって認識されているリモートホストの IP アドレスに通信しようとしている。
Trojan:EC2/BlackholeTraffic!DNS EC2 インスタンスは、ブラックホール IP アドレスにリダイレクトされるドメイン名へのクエリを実行している。
Trojan:EC2/DriveBySourceTraffic!DNS EC2 インスタンスは、Drive By Download 攻撃の既知のソースであるリモートホストのドメイン名をクエリしている。
Trojan:EC2/DropPoint!DNS EC2 インスタンスは、マルウェアによって収集された認証情報やその他の盗難されたデータによって認識されているリモートホストのドメイン名をクエリしている。
Trojan:EC2/DGADomainRequest.B EC2 インスタンスで、アルゴリズムを使用して生成されたドメインがクエリされている。
Trojan:EC2/DGADomainRequest.C!DNS EC2 インスタンスで、アルゴリズムを使用して生成されたドメインがクエリされています。このようなドメインは、一般的にマルウェアによって悪用されることが多く、EC2 インスタンスが侵害されている場合がある。
Trojan:EC2/DNSDataExfiltration EC2 インスタンスが DNS クエリを通じてデータを密かに抽出しようとしている。
Trojan:EC2/PhishingDomainRequest!DNS EC2 インスタンスはフィッシング攻撃に関与するクエリ実行のドメインである。
UnauthorizedAccess:EC2/MetadataDNSRebind Amazon EC2 インスタンスが、インスタンスメタデータサービスに解決される DNS ルックアップを実行している。
UnauthorizedAccess:IAMUser/TorIPCaller API が Tor 出口ノードの IP アドレスから呼び出された。
UnauthorizedAccess:IAMUser/MaliciousIPCaller.Custom API がカスタム脅威リストにある IP アドレスから呼び出された。
UnauthorizedAccess:IAMUser/ConsoleLoginSuccess.B 世界中でコンソールに対する複数の正常なログインが確認された。
UnauthorizedAccess:IAMUser/MaliciousIPCaller API が既知の悪意のある IP アドレスから呼び出された。
UnauthorizedAccess:EC2/TorIPCaller EC2 インスタンスが Tor 出口ノードからのインバウンド接続を受信している。
UnauthorizedAccess:EC2/MaliciousIPCaller.Custom EC2 インスタンスがカスタム脅威リスト内の IP アドレスとアウトバウンド通信している。
UnauthorizedAccess:EC2/SSHBruteForce EC2 インスタンスが SSH ブルートフォース攻撃に関与している。
UnauthorizedAccess:EC2/RDPBruteForce EC2 インスタンスが RDP ブルートフォース攻撃に関与している。
UnauthorizedAccess:IAMUser/InstanceCredentialExfiltration インスタンス起動ロールを通じて EC2 インスタンス専用に作成された認証情報が外部 IP アドレスから使用されている。
UnauthorizedAccess:IAMUser/ConsoleLogin AWS アカウントのプリンシパルによる通常とは違うコンソールへのログインが確認された。
UnauthorizedAccess:EC2/TorClient EC2 インスタンスは Tor Guard または Authority ノードに接続している。
UnauthorizedAccess:EC2/TorRelay EC2 インスタンスは、Tor リレーとして Tor ネットワークに接続中である。

Amazon GuardDuty のセットアップ

Amazon GuardDutyはCloudFormationに対応しているため、CloudFormation経由でGuardDutyをセットアップすることができる。

サービスロールの有効化

以下のサービスロールを有効化することで、EC2リストの読み込み権限GuardDuty に付与する。これは、悪意のあるアクティビティに関係する AWS 環境の EC2 インスタンスのメタデータを取得するためである。

Resources:
  ServiceLinkedRoleForGuardDuty:
    Type: AWS::IAM::ServiceLinkedRole
    DeletionPolicy: Retain
    Properties: 
      AWSServiceName: guardduty.amazonaws.com
      Description: A service-linked role required for Amazon GuardDuty to access your resources.

GuardDutyの有効化

GuardDuty を有効化する。有効化すると直ちにデータの取得と分析を開始する。 これらの処理は、通常のAWS CloudTrail、VPC フローログ、および DNS ログの保存とは独立している。

Resources:
  GuardDutyDetector:
    DependsOn:
      - ServiceLinkedRoleForGuardDuty
    Type: AWS::GuardDuty::Detector
    Properties:
      Enable: true

CloudFormation Launch Stack URL

以下のボタンから上のCloudFormationテンプレートを実行することが可能である。ソースコードは、aws-cloudformation-templates/security – GitHub にて公開。

作成されるAWSサービス CloudFormationテンプレート
セキュリティサービス全般 cloudformation-launch-stack
GuardDutyのみ cloudformation-launch-stack

AWS Config(1)Configの概要

AWS Configとは

AWS Configは、リソースごとの設定項目を生成し、履歴としてこれを保持するため、全ての変更を追跡することが可能で、AWSリソース間の関係と設定の履歴などを確認することができる。

  • リソースの設定が最適であるか
  • 現在のスナップショットの取得
  • リソース設定の取得
  • 設定履歴の取得
  • リソース間の関係の表示
  • 通知

これらの機能を用いて、リソースの管理監査とコンプライアンス設定変更の確認とトラブルシューティングセキュリティ分析などを行うことができる。

設定項目は、S3バケットに蓄積することが可能で、データはJSON形式で、S3に6時間ごとに送信される。また、リソースが変更されたタイミング等で、Amazon SNSを用いてEメール等で通知することも可能である。

AWS Configは、マルチアカウントマルチリージョンの データ集約 に対応しており、複数のアカウントやリージョンの設定、コンプライアンスデータを1つのアカウントに集約することができる。

AWS Configの概念

設定履歴と設定項目、スナップショット、レコーダ

設定履歴は、特定期間の特定リソースに関する設定項目のコレクションである。また、設定項目は、アカウント内のサポートされているAWSリソースの属性(メタデータ、関係、設定、関連イベントなど)を記録したものである。設定スナップショット は、設定項目のコレクションで、記録対象のリソースの全体像を示す。スナップショットは、S3 Bucketに配信が可能。

設定レコーダは、(標準設定では)Configがサポートしている全てのリソースの設定項目の評価と保存を行う。設定レコーダをオフにすると設定変更トリガによる評価は実行されない。一方で、定期実行トリガは引き続き指定した間隔で実行される

設定ストリーム

設定ストリームは、設定項目の自動更新リストで、リソースの作成や変更、削除が行われる度に、Amazon SNSを使用して通知を行うことができる。

ルール

AWS Configでは、望ましい設定をルールとして定めることができ、これに違反しているリソースに対しては、非準拠 のフラグを立てる。ルールは、事前に用意されたマネージドルールのほかに、ユーザが自ら作成したカスタムルールを適用することもできる。これらのルールは、リソースの設定変更時に評価されるのか、それとも定期的に評価されるのかを定義することができる。

AWS Configの仕組み

AWS Configは、サポートされているAWSリソースを検出し、リソースごとに設定項目を生成し、その記録を履歴として保持する。Configはリソースごとに、DescribeもしくはListのAPIコールによって、リソースの全ての変更を追跡する。Configルールを利用することで、定期的にこのルールに照らして、リソースの設定の評価を行うことができる。

また、この設定項目は、S3バケット もしくは Amazon SNS に配信することができる。SNSへ配信時のメッセージタイプは以下の通り。

メッセージタイプ 内容
ComplianceChangeNotification コンプライアンスタイプの変更時
ConfigRulesEvaluationStarted リソースの評価開始時
ConfigurationSnapshotDeliveryStarted スナップショット配信開始時
ConfigurationSnapshotDeliveryCompleted スナップショット配信完了時
ConfigurationSnapshotDeliveryFailed スナップショット配信失敗時
ConfigurationHistoryDeliveryCompleted 設定履歴配信完了時
ConfigurationItemChangeNotification リソース変更時
OversizedConfigurationItemChangeNotification SNSの最大サイズ超過時

AWS Configのセットアップ

AWS ConfigはCloudFormationに対応しているため、CloudFormation経由でConfigをセットアップすることができる。

サービスロールの有効化

以下のサービスロールを有効化することで、AWSリソースの読み込み権限 および S3への書き込み権限Config に、IAMとSystemManagerへの書き込み権限Config Remediation にそれぞれ付与する。

Resources:
  ServiceLinkedRoleForConfig:
    Type: AWS::IAM::ServiceLinkedRole
    DeletionPolicy: Retain
    Properties: 
      AWSServiceName: config.amazonaws.com
      Description: A service-linked role required for AWS Config to access your resources.
  ServiceLinkedRoleForConfigRemediation:
    Type: AWS::IAM::ServiceLinkedRole
    DeletionPolicy: Retain
    Properties: 
      AWSServiceName: remediation.config.amazonaws.com 
      Description: A service-linked role required for AWS Config Remediation to access your resources.

Configの有効化

DeliveryChannelConfigurationRecorder を作成する。

Resources:
  ConfigDeliveryChannel:
    Type: AWS::Config::DeliveryChannel
    Properties:
      Name: default
      S3BucketName: !Ref S3ForConfig
      SnsTopicARN: !Ref SnsTopicARN
  ConfigConfigurationRecorder:
    Type: AWS::Config::ConfigurationRecorder
    Properties:
      Name: default
      RecordingGroup:
        AllSupported: true
        IncludeGlobalResourceTypes: true
      RoleARN: !Sub arn:aws:iam::${AWS::AccountId}:role/aws-service-role/config.amazonaws.com/AWSServiceRoleForConfig

すでにAWS Configをセットアップ済みの状態で上記テンプレートを実行すると、 the maximum number of delivery channels エラーが発生する。その場合は既存の DeliveryChannel を削除した上で、上記テンプレートを再度実行する。

aws configservice delete-delivery-channel --delivery-channel-name default
aws configservice delete-configuration-recorder --configuration-recorder-name default

S3バケットの作成

設定情報 (履歴ファイルやスナップショット)を保存するために使用する、Amazon S3 バケットと、それに紐づくバケットポリシーを作成する。

Resources:
  S3ForConfig:
    Type: 'AWS::S3::Bucket'
    DeletionPolicy: Retain
    Properties:
      BucketName: !Sub defaultsecuritysettings-config-${AWS::Region}-${AWS::AccountId}
      LifecycleConfiguration:
        Rules:
          - Id: ExpirationInDays
            ExpirationInDays: 60
            Status: Enabled
      PublicAccessBlockConfiguration: 
        BlockPublicAcls: true
        BlockPublicPolicy: true
        IgnorePublicAcls: true
        RestrictPublicBuckets: true
  S3BucketPolicyForConfig:
    Type: AWS::S3::BucketPolicy
    Properties: 
      Bucket: !Ref S3ForConfig
      PolicyDocument:
        Version: 2012-10-17
        Id: !Ref S3ForConfig
        Statement:
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: config.amazonaws.com
            Action:
              - 's3:GetBucketAcl'
              - 's3:ListBucket'
            Resource:
              - !GetAtt S3ForConfig.Arn
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: config.amazonaws.com
            Action:
              - 's3:PutObject'
            Resource:
              - !Join
                - ''
                - - !GetAtt S3ForConfig.Arn
                  - /AWSLogs/
                  - !Sub ${AWS::AccountId}
                  - /Config/*
            Condition:
              StringEquals:
                s3:x-amz-acl: bucket-owner-full-control

CloudFormation Launch Stack URL

以下のボタンから上のCloudFormationテンプレートを実行することが可能である。ソースコードは、aws-cloudformation-templates/security – GitHub にて公開。

作成されるAWSサービス CloudFormationテンプレート
セキュリティサービス全般 cloudformation-launch-stack
Configのみ cloudformation-launch-stack

モニタリング

他のAWSサービスを利用して、AWS Configのリソースをモニタリングすることができる。例えば、Amazon SQSAmazon CloudWatch Eventsを利用することで、AWSリソースが作成、変更、削除された際に通知を受け取ることが可能となる。

AWS Security Hub(1)Security Hubの概要

Security Hubとは

Security Hubは、Amazon GuardDutyAmazon InspectorAmazon Macie などのAWSが提供するセキュリティ関連サービスや、AWSパートナーが提供するセキュリティ製品からの セキュリティ検出結果等を統合的に閲覧可能なサービス で、本サービスを利用することで、情報の収集や優先度の決定などのコストを低減できる。発見事項は、Security Hub内に90日保管 される。Security Hubは、リージョンサービスであり、使用するリージョン毎にサービスを有効化する必要 がある。一方で、 複数アカウントをサポート しており、全てのアカウントを統合して発見事項を表示することもできる。

また、Center for Internet Security (CIS) AWS Foundations Benchmark のスコア表示にも対応しており、業界標準のベストプラクティスをどの程度満たしているかについても確認することが可能となっている。なお、この機能を正常に実行するためには、AWS Configを有効化することが必要。ベストプラクティスを満たしていない場合は、Security Hubから修復方法を確認することができる。

Amazon CloudWatch Eventsとの統合がサポートされているため、検出結果を受信した際に実行するカスタムアクションを規定することもできる。

また、インサイトと呼ばれるグループ化された検出結果のコレクションが存在し、コレクションを用いることで、修復が必要な問題の特定ができる。カスタムインサイトを作成することも可能。

AWS Security Hub のセットアップ

一部機能のみではあるがCloudFormationに対応しているため、CloudFormation経由でSecurity Hubをセットアップすることができる。

サービスロールの有効化

以下のサービスロールを有効化することで、AWS CloudTrail, AWS Config, Amazon CloudWatch Logs および Amazon SNS から 情報を取得する権限 を Security Hub 付与する。また、AWS Config に対して 新たなConfigルールを設定する権限 も付与される。このルールは、CIS AWS Foundationsコンプライアンスチェックに使用される。これらを正常に動作させるためには、 AWS Configを有効化 しておく必要がある。

Resources:
  ServiceLinkedRoleForSecurityHub:
    Type: AWS::IAM::ServiceLinkedRole
    DeletionPolicy: Retain
    Properties: 
      AWSServiceName: securityhub.amazonaws.com
      Description: A service-linked role required for AWS Security Hub to access your resources.

Security Hubの有効化

Security Hubを有効化することで、CIS AWS Foundationsコンプライアンスチェックが自動で有効化される。

Resources:
  SecurityHub:
    DependsOn:
      - ServiceLinkedRoleForSecurityHub
    Type: AWS::SecurityHub::Hub

AWS Security Hubのセットアップテンプレート

AWS Security Hubを含むAWSのセキュリティサービスをまとめて有効化できるCloudFormationテンプレートを公開している。

作成されるAWSサービス CloudFormationテンプレート
セキュリティサービス全般 cloudformation-launch-stack
Security Hub のみ cloudformation-launch-stack

CIS AWS Foundationsコンプライアンスチェック

Security Hubは、AWS Configに新たなConfigルールを自動的に作成した上で、Center for Internet Security (CIS) AWS Foundations Benchmarkに適合しているかのチェックを行う。Security Hubは、AWS Security Finding と呼ばれるテンプレートに沿って検出結果を表示するために、結果毎にデータ変換等を行う必要がない。AWS Security Finding の構成については、下記を参照のこと。

なお、CIS AWS Foundationsは、同一リージョン内のリソースに対しての結果のみ有効であり、他のリージョンのリソースに対しての結果は FAILED が返却される。したがって、例えば複数のリージョンでCloudTrailが有効化されており、各リージョンで証跡用およびアクセスログ用のバケットが作成されている場合は、チェック 2.3 および 2.6は非準拠として表示される

チェックは、前回から12時間以内に再度実行 される。また、変更によってトリガーされるチェックに関しては、リソースに変更が変更された際に実行される。

AWSサービスとの統合

Security Hubは、Amazon GuardDutyAmazon InspectorAmazon Macie など、AWSが提供するセキュリティ関連サービスで生成されたセキュリティ検索結果を統合することができる。統合を行うためには、各AWSサービスを有効化する必要がある。

CloudWatchイベントによる自動化

CloudWatchイベントを使用して、Security Hubで検知した問題やリソースの変更に自動的に対応することが可能である。以下の通知を行うことが可能である。

  1. 全ての結果を自動的にCloudWatchイベントに送信
  2. カスタムアクションに関連づけられた結果をCloudWatchイベントに送信
  3. カスタムアクションを使用してインサイトの結果をCloudWatchイベントに送信

1.の場合は、CIS AWS Foundationsコンプライアンスチェックに準拠している状態でも非準拠の場合でも、全ての結果が CloudWatch Events に送信されてしまうので、そのうち 準拠から非準拠となった状態のイベントのみを受信して、Amazon SNS に送信する場合は、以下のような Amazon CloudWatch Events を作成する。

  CloudWatchEventsForSecurityHub:
    Type: AWS::Events::Rule
    Properties: 
      Description: CloudWatch Events about SecurityHub.
      EventPattern:
        source:
          - aws.securityhub
        detail-type: 
          - Security Hub Findings - Imported
        # Events fired when status has been changed from PASSED to ARCHIVED.
        detail:
          findings:
            Compliance:
              Status:
                - PASSED
            RecordState:
              - ARCHIVED
      Name: AWS_Security_Hub
      State: ENABLED
      Targets:
        - Arn: !Ref SnsTopicARN
          Id: CloudWatchEventsForSecurityHub

これは、結果のステータスが PASSED から FAILED に変化した場合、

  1. 既存の結果のステータスを PASSED から ARCHIVED に設定
  2. 結果のステータスが FAILE である新たな結果を生成

という挙動となるため、1.の挙動のみを検知することで実現している。

CloudFormation Launch Stack URL

以下のボタンから上のCloudFormationテンプレートを実行することが可能である。ソースコードは、aws-cloudformation-templates/security – GitHub にて公開。

作成されるAWSサービス CloudFormationテンプレート
セキュリティサービス全般 cloudformation-launch-stack
Security Hub のみ cloudformation-launch-stack

AWS Connect(1)AWS Connectの概要

AWS Connectとは

AWS Connectとはクラウド型コンタクトセンターで、Amazonのコンタクトセンターと同じ技術が使われている。グラフィカルインタフェースを用いることでコーディングすることなく、対応フローの設計、スタッフの管理などが簡単に実現できる。

インフラの管理が不要で手軽に規模を拡大縮小できる。また、Amazon Lexとの連携によって自動応答を実現したり、CRMソリューションと連携して顧客情報の管理を行うこともできる。また、アウトバンドコンタクトAPIを用いて、スケジュールした時刻にプログラムから電話を発信することも可能である。

サポートされているブラウザは、最新3バージョンChrome最新Firefox。東京リージョンに対応し日本語にも対応している。

AWS Amplify Framework(1)Amplifyの概要

AWS Amplify Frameworkとは

AWS Amplifyは、モバイルアプリやウェブアプリの実装を容易にするフレームワークで、AWS上のバックエンドをプロビジョニングし、iOSAndroidWeb、React Native上などのフロントエンドと簡単に統合することが可能なライブラリUIコンポーネントCLIなどを提供する。バックエンドのサービスを設定可能なAmplify CLIや、Web上に展開するAmplify JSなどのリソースがGitHub上で提供されており、認証解析プッシュ通知ボットなどの機能を実装することが可能である。

機能名 Frontend API Backend Category AWSサービス 内容
Analytics AnalyticsClass analytics Pinpoint ユーザのセッションや属性などを計測
Interactions Interactions intaraction Lex Botの構築
Cache CacheObject LRUキャッシュ
API APIClass api Lambda + API Gateway REST/GraphQL APIの利用
PubSub PubSub IoT リアルタイムデータのやりとり
Hub HubClass ユーザセッション、属性等を追跡
Authentication AuthClass auth Cognito 認証APIとpre-build UI component
Notification PushNotification notifications Pinpoint プッシュ通知
I18n I18n 多言語化
Storage StorageClass storage S3, DynamoDB 静的コンテンツの管理
XR XR xr Sumerian AR/VR
Logger Logger コンソールログの記録
Service Worker ServiceWorkerClass
function Lambda 関数の作成
hosting S3, CloudFront Webサイトホスティング
Predictions prediction Recognition など 予測

Amplify CLI

Amplify CLIを用いることでバックエンドを簡単に設定することができる。バックエンドのカテゴリごとにカテゴリプラグインや、プロバイダープラグインフロンドエンドプラグインなど様々なプラグインが用意されている。これらのリソースの状況は、amplify statusコマンドで確認することができる。

初期設定

amplify initコマンドを実行することで、フロントエンドの設定確認と初期化、AWS上のバックエンドをセットアップすることができる。

コマンド 実行内容 備考
amplify init Amplify プロジェクトを作成/初期化, IAMロールの作成 ルートディレクトリで実行すること
amplify delete Amplify プロジェクトをすべて削除 再度構築する場合は amplify init が必要

コマンドの実行手順は以下の通り。

実行順序 コマンド 内容
1 amplify configure AWSユーザや認証情報の設定
2 amplify init プロジェクトの作成
3 amplify add カテゴリの追加
4 amplify push バックエンドのデプロイ

バックエンドの環境設定

1つのプロジェクトは設定の異なる複数のバックエンド(=Env)を持つことが可能で、amplify envコマンドを用いてこれらのバックエンドを切り替えることが可能。Gitのブランチと組み合わせることも可能で、masterブランチ上のプロジェクトはprod環境のバックエンド上にデプロイ、developブランチ上のプロジェクトはdevelop環境のバックエンド上にデプロイするなどの設定を行うことができる。万が一、AWS上のCloudFormationを削除してしまった状態のままデプロイした場合はエラーとなるので、この場合はamplify initコマンドでバックエンドの再生成が必要となる。

コマンド 実行内容
amplify env add <ENV> バックエンドを追加
amplify env remove <ENV> バックエンドを削除
amplify env pull <ENV> –restore AWS上のバックエンド設定を参照して上書き
amplify env list バックエンドの一覧を表示

AWS Amplify Console等の外部サービスでAmplifyをデプロイしたあとに、amplify pushコマンドを用いて開発環境上でデプロイを実行すると、バックエンドのデプロイ状態に差異が生じているためにデプロイに失敗する。上記のamplify env pullコマンドによって、AWS上の最新のバックエンド情報を取得することで、この問題は解決する。

カテゴリの追加と削除

上述のようにAmplify Frameworkは、認証解析などの様々な機能を有している。これらの機能(=カテゴリ)を自身のプロジェクトに追加したり削除したりするのが以下のコマンドである。

コマンド 実行内容
amplify add <CATEGORY> カテゴリを追加
amplify update <CATEGORY> カテゴリを更新
amplify remove <CATEGORY> カテゴリを削除

その他のコマンド

その他よく使うコマンドは以下の通り。

コマンド 実行内容
amplify status Amplify プロジェクトのステータスを表示
amplify push Amplify プロジェクトをAWS上でデプロイ
amplify console AWSのマネージメントコンソールに遷移

Amplifyプロジェクト

Amplifyプロジェクトは、以下のようなディレクトリ構成となっている。

.
├── amplify/
|   ├── .config/                        (自動生成)   クラウドの構成とユーザー設定を格納 (amplify init)
|   |   ├── local-aws-info.json         (自動生成)  AWSクレデンシャルのプロファイル名を格納
|   |   ├── local-env-info.json         (自動生成)  ローカルのディレクトリやIDEの設定を格納
|   |   └── project-config.json         (自動生成)  プロジェクトの設定を格納       
|   ├── backend/
|   |   ├─── api
|   |   |   └── PROJECT_NAME
|   |   |       └── schema.graphql      (編集可)    GraphQLのスキーマ
|   |   ├─── auth
|   |   |   └── PROJECT_NAME
|   |   |       └── parameters.json     (編集可)    プロンプトで設定した内容を格納(amplify add auth)
|   |   ├── amplify-meta.json          (自動生成)   AWSリソースの設定情報(Permission, Category)を格納, Gitリポジトリの管理対象外
|   |   └── awscloudformation          (自動生成)   CloudFormationのルートスタック, Gitリポジトリの管理対象外   
|   ├──  #current-cloud-backend/       (自動生成)  直近に取得したクラウド構成, Gitリポジトリの管理対象外
|   └──  team-provider-info.json       (自動生成)  Environment設定(Permission, Category, CloudFormation Stack)を格納
└──  src/
    ├── App.vue                         (編集可)     Vueの単一コンポーネントファイル   
    ├── components/                     (手動生成)   作成したVueコンポーネント
    ├── Authenticator.vue              (手動生成)   認証画面コンポーネント
    |    └── Question.vue              (手動生成)   操作画面コンポーネント
    ├── graph/                          (自動生成)   GraphQL statement
    |    ├── mutation.js               (自動生成)   
    |    ├── queries.js                (自動生成)   
    |    ├── schema.json               (自動生成)   
    |    └── subcriptions.js           (自動生成)   
    ├── router/                         (手動生成)   ルータコンポーネント
    |    └── index.js                  (手動生成) 
    ├── main.js                         (編集可)     Vueのエントリーポイント      
    └── aws-exports.js                  (自動生成)   AWSリソースのエンドポイント等の情報を格納, Gitリポジトリの管理対象外

AWS EC2(7)Auto Scaling

EC2 Auto Scalingとは

EC2 Auto Scalingを用いることで、アプリケーションの負荷を処理するための適切な数のEC2インスタンスを利用することができる、。Auto Scalingを利用するためには、Auto Scalingグループと呼ばれるEC2インスタンスの集合を定義し、このグループに含まれる最小と最大のインスタンスの数を定義する。また、希望するインスタンス数(Desired capacity)を定義することも可能。また、Auto Scalingグループ内のEC2インスタンスを複数のAZに分散配置することで、地理的な冗長性や安全性を実現できる。

Auto Scaling グループ

Auto Scalingを用いることで、耐障害性や可用性が向上する。また、必要な数のインスタンスのみ起動されるため安定的なパフォーマンスを低コストで実現することができる。

Auto Scalingグループ内の各EC2インスタンスの負荷に偏りが発生した場合は、古いインスタンスを終了して新しいインスタンスを起動させる。この場合にスムーズに処理が継続されるように、一時的に最大容量に対して10%のマージンが確保される

ライフサイクル

Auto Scalingのライフサイクルは以下の通り。

ライフサイクル

Auto Scalingグループはグループ内のインスタンスに対して定期的にヘルスチェックを行なっている。スケールイン/アウトは、手動もしくはスケーリングポリシースケジュールに基づき実行される。スケールイン、ヘルスチェックの失敗、Auto Scalingグループからの離脱等が発生した場合には、Auto Scalingグループ内のEC2インスタンスは終了処理が実施される。

Auto Scalingグループ

起動設定

Auto Scalingグループ内のEC2インスタンスは、起動テンプレートもしくは起動設定の設定内容に基づいて起動される。これらには、AMIのIDやインスタンスタイプ、ネットワーク設定、ストレージの設定、オンデマンドインスタンスとスポットインスタンスの配分等が含まれる。また、起動設定は、既に起動済みのインスタンスの属性を使用して作成することも可能である。Auto Scalingグループに関連付けられる起動設定は1つだけであり、グループ作成後に変更することはできない。Auto Scalingグループに関連づける起動設定を変更する場合は、現在の起動設定をコピーした上で新たな起動設定を作成し、これを当該のAuto Scalingグループに紐づける。

ロードバランサとの連携

Auto Scalingで増減したインスタンスに対して適切にトラフィックが分散されるようにするためには、Elastic Load Balancingの受信トラフィックの通信先にAuto Scalingグループを指定する。Auto Scalingのヘルスチェックは、通常EC2のステータスチェックのみであるが、オプションでELBのヘルスチェックを用いてAuto Scalingグループのヘルスチェックを行う設定にすることも可能である。この場合、ELBから送られる定期的なPINGに応答しないなど、ELBのヘルスチェック合格しなかった場合、このインスタンスは異常ありと判定されて他のインスタンスに置き換えられる。

スケーリング

Auto Scalingでは、以下のスケーリング方法を実施可能である。

  • 現在のインスタンスレベルの維持
  • 手動スケーリング
  • スケジュールに基づくスケーリング
  • 要求に基づくスケーリング(動的スケーリング

CloudWatchのメトリクスを利用して複数のスケーリングポリシーを適用することも可能である。例えば、EC2のCPU使用率を指標としたポリシーと、SQSのメッセージ処理に関するメトリクスを指標としたポリシーを同時に適用する、といったような場合である。複数のポリシーが適用となった場合は、より影響を与えるポリシーの実行命令が優先される

スケジュールされたスケーリング

あらかじめ指定したスケジュールに沿って、スケーリングアクションが実行されるように指定することが可能である。スケーリングアクションが有効になる時間と、最小/最大サイズ希望するサイズを指定する。このスケジュールは、1回のみ実行することも定期的に実行することもできる。

スケジュールされたスケーリングを作成する場合、ほとんどの場合指定した時刻から数秒以内に実行されるが、最大2分ほど遅れる可能性もあるので留意が必要である。また、複数のスケジュールを同時刻に設定することはできない。

動的スケーリング

動的スケーリングは、以下の方法をサポートしている。

ポリシー名 トリガおよび動作
Target tracking scaling 特定のメトリクスのターゲット値を維持するようにスケーリング
Step scaling 複数のスケーリング調整値をトリガにスケーリング
Simple scaling 1つのスケーリング調整値をトリガにスケーリング

Simple scaling および Step scaling

トリガに基づいてスケーリングが実行される際には、以下の調整タイプに基づいてスケーリングが実行される。

調整タイプ 動作
ChangeInCapacity 指定した数だけ増減する
ExactCapacity 指定した数になるように増減する
PercentChangeInCapacity 割合指定する

また、Step scalingの場合は、新しく起動されたインスタンスがAuto Scalingグループに追加されるまでの待ち時間(ウォームアップ)を指定できる。

SQSに基づくスケーリング

SQSにキューが積み上がり、処理が遅延することがないようにするには、 SQSのデータを読み取り処理を行うEC2をAuto Scalingさせる必要がある。このAuto Scalingを適切にスケーリングさせるためには、 Amazon SQS メトリックスApproximateNumberOfMessagesを用いてキューの長さを測定した上で、1インスタンスあたりの処理能力を計算しどの程度スケーリングさせる必要があるか指定する。

SQSに基づくスケーリング

クールダウン

メトリクス値が短期間で増減し、その度にスケーリングが実行されることを防ぐために、クールダウン期間が設けられている。デフォルトのクールダウン値は300秒。クールダウン期間は新たなスケーリングは実行できない。なお、このクールダウンが有効なのは、Simple scalingのみ。

インスタンスの停止

スケールイン時に停止されるインスタンスは以下の条件で決定される。

  1. インスタンスが最も多いAZ
  2. 最も古い起動設定またはテンプレートを使用している
  3. 次の課金開始時間に近いインスタンス

終了時ポリシーはカスタマイズが可能である。また、終了から保護するインスタンスを指定することもできる。

ポリシー名 実行内容
OldestInstance 最も古いインスタンス
NewestInstance 最も新しいインスタンス
OldestLaunchConfiguration 最も古い起動設定のインスタンス
ClosestToNextInstanceHour 次の課金開始時間に近いインスタンス
Default デフォルト(上記)
OldestLaunchTemplate 最も古い起動テンプレート
AllocationStrategy オンデマンド/スポットの割り当て戦略に合わせて決定

ライフサイクルフック

インスタンスの起動時もしくは削除時に一時停止して、カスタムアクションを実行できる機能。ソフトウェア等をインストールできる。

ライフサイクルフック

スケーリングプロセスの中断と再開

スケーリングプロセスの1つ以上を停止し、あとで再開できる。

スケーリングプロセス 内容
Launch インスタンスを追加
Terminate インスタンスを削除
HealthCheck ヘルスチェック
ReplaceUnhealthy 異常なインスタンスを削除し代替インスタンスを作成
AZRebalance AZ間のバランスを調整
AlarmNotification CloudWatchからアラーム通知を受け取る
ScheduledActions スケジュールされたアクションを実施
AddToLoadBalancer ELBに追加

注意事項

Auto Scalingは、バーストトラフィックには対応できない

AWS CloudFormation(1)CloudFormationの概要

CloudFormationについて

使用するAWSの全てのリソースをテンプレートに記述することで、これらのリソースのデプロイや設定を自動で行なってくれるのが、AWS CloudFormationである。テンプレートは、JSONもしくはYAML形式で記述できる。CloudFormationは、既存のテンプレートを作成または変更、削除することが可能であることから、作成済みのリソースの変更や複製も容易である。変更時には履歴が残るため、過去に遡って変更点を確認することもできる。

テンプレートとスタック

テンプレートには、リソースのデプロイ時に値を手動入力できる入力パラメータを設定することができる。このテンプレートを適用したリソースの集合体をスタックと呼ぶ。スタックおよびリソースに変更を加える際に、既存のリソースにどのような影響があるかを事前に調べるために、 変更セット(Edit Template) を記述することもできる。

変更セットのデプロイ

AWS ElastiCache(1)ElastiCacheの概要

Elasticacheとは

完全マネージドなRedis および Memcached。インメモリデータストアのため非常に高速で、大量のデータを処理したり既存のシステムを効率化することができる。

インメモリデータストアの目的は、データのコピーに超高速で低コストなアクセスを提供することである。キャッシュするデータを決定するためには、データ自体とそのアクセスパターンを把握する必要がある。また、これらのキャッシュされたデータは最新データではないという認識が必要で、使用するアプリケーションの特性上、古いデータでも許容されるのかどうかについて考察が必要である。

Elasticacheは、RedisとMemcachedをサポートしているが、できるだけシンプルな構成が必要であったり、大きなノードを実行する場合は、Memcachedを選択すべきである。

キャッシュできるデータは、S3RDS, DynamoDB streamsなど。

クラスタとレプリケーション

ElastiCacheは、メモリの断片であるノードという単位から構成され、これらを1〜6台まとめたグループをシャードと呼ぶ。クラスタモードを有効化したRedisでは、1〜15のシャードで構成される。無効化されている場合は常に1シャードのみである。

Redisクラスタ

クラスタ構成を有効化する場合には、ノード数を2以上とし、マルチAZ構成とすることが望ましい。クラスタ構成とするとデータは、シャードごとに分散されて保存され、クラスタの一部に異常が発生した場合には、正常なノード(サービス)にマスターが自動で移動する。また、異常が発生したノード(サービス)は再構成される。

Redisレプリケーション

リードレプリカを使用することで、耐障害性が向上するとともに読み込み能力がスケールアウトする。Redisに異常が発生した場合は、DNSが切り替わり、新しいノードにマスターが移動する。

キャッシング戦略

Redisにおけるキャッシュ方法は以下が用意されている。

方法 内容 利点 欠点
遅延書き込み データがキャッシュにない、もしくは古い場合に追加 容量, 障害の影響 遅延, データの古さ
書き込みスルー データがデータベースに書き込まれると常にデータを追加 データが新しい ノード拡張時にデータが存在しない, 不要なキャッシュ
TTLの追加 有効期限を指定し、期限切れはデータがないものとして扱う