UIView

アクションシート

デリゲートの記述を行う。

@interface MyViewController : UIViewController<UIActionSheetDelegate>{

アクションシートの初期化と貼付けを行う。初期化の際にデリゲートの宣言をする。

// 初期化(+デリゲートの設定)
UIActionSheet *aSheet = [[UIActionSheet alloc]
initWithTitle:@"選択項目"
delegate:self
cancelButtonTitle:@"キャンセル"
destructiveButtonTitle:nil
otherButtonTitles:@"ボタン1", @"ボタン2", @"ボタン3",nil];
// アクションシートのスタイルを指定
[aSheet setActionSheetStyle:UIActionSheetStyleDefault];
// ビューに貼付ける
[aSheet showInView:[self view]];
// メモリの解放
[aSheet release];

デリゲートメソッド内で処理を記述する

- (void)actionSheet:(UIActionSheet *)actionSheet clickedButtonAtIndex:(NSInteger)buttonIndex {
}

## NavigationController
Xcodeのプロジェクト設定でNavigationControllerを選択した場合、RootViewController.xibとMainWindow.xibが作成される。MainWindowではUINavigationControllerが読み込まれており、このUINavigationControllerの中に上部のNavigation Barと下部のRootViewControllerがある。下部のRootViewControllerは、UITableViewControllerを継承して作成されており、テーブル状のメニュー画面を作成することが出来る。

この画面をタッチすると別のサブウインドウに移動できるようにするためには、


// NIBファイルを指定してビューコントローラを定義する
DetailViewController *dvc = [[DetailViewController alloc] initWithNibName:@"DetailViewController" bundle:nil];
// メニューを押すと上記ビューコントローラを表示する
[self.navigationController pushViewController:dvc animated:YES];
[dvc release];

とする。

Pocket