AWS CloudWatch(3)CloudWatch Logsのインストール

EC2インスタンスにCloudWatch Logs Agentをインストールすることで、任意のログをCloudWachに送信することが可能となる。AmazonLinuxを使用する場合には、以下の手順でインストールする。

CloudWatch Logs Agentのインストール

CloudWatch Logs Agentのインストール

CloudWatch Logs Agentはyumから簡単にインストールできる。

yum update -y
yum install -y awslogs

CloudWatch Logs Agentの設定

監視対象のログはconfファイルで設定する。

sudo vi /etc/awslogs/awslogs.conf

標準で/var/log/messagesの情報は送られる設定になるようである。
その下に下記のように設定を追記することで、任意のログを送ることが可能となる。

[/var/log/messages]
datetime_format = %b %d %H:%M:%S
file = /var/log/messages
buffer_duration = 5000
log_stream_name = {instance_id}
initial_position = start_of_file
log_group_name = /var/log/messages

[test-app-log]
file = /home/ec2-user/test-app/process_log
buffer_duration = 5000
log_stream_name = {instance_id}
initial_position = start_of_file
log_group_name = /home/ec2-user/test-app/process_log

CloudWatch Logsのログデータをエクスポートする

CloudWatch Logsに蓄積したログデータは、S3に一括エクスポートすることができる。詳しくは、「CloudWatch コンソールを使用してログデータを Amazon S3 にエクスポートする」を参照のこと。

AWS CloudWatch(1)CloudWatchの概要

CloudWatchとは

CloudWatchは、AWSの各リソースを監視することのできるサービスである。AWSでシステム構築を行う場合、基本的にはこのCloudWawtchのみの監視で十分なことが多く、Zabbixなどの他の監視環境を構築する必要がない。フルマネージドのサービスの場合は自ら監視環境を構築することができないため、CloudWatchによる監視が必須となる。また、CloudWatch Logsを用いることで、各リソースのLogデータをCloudWatchで監視することが可能になる。CloudWatch Logsは、ログデータを無期限で保存する

CloudWatchの概要

CloudWatchは、NameSpace(AWS/service)と呼ばれるAWSサービス単位の項目とMetricsと呼ばれる時系列のデータポイントセットから構成され、これらを組み合わせて指定することで任意の項目を確認することが可能となる。CloudWatch上のデータ(CloudWatch Logsのデータを除く)は削除することはできず、15ヶ月経過したデータポイントは自動的に削除される。データポイントに付随するタイムスタンプは、UTC時刻であることが望ましく、データの更新間隔は最短1分となっている。

開発環境か本番環境か、実行しているリージョンはどこかなど、同じMetricsであっても環境によってデータが異なる。同一名称のMetricsの中から特定のMetricsを一意に識別するためにDimentionと呼ばれる名前と値のペアを持つことができる。CloudWatchは、ソースが異なっていてもNameSpaceとMetricsが同一のMetricsは1つのMetricsとして扱う

データポイントの種類 保持期間
60秒間隔未満 3時間
1分 15日間
5分 63日
1時間 455日

アラームを使用することで、単一のMetricsを監視し、一定期間における閾値とMetrics値に応じてアクションを実行することができる。アクション機能を用いることで、各アラームに対する通知やAutoRecovery, AutoScaleなどのアクションを規定することも可能である。