AWS WAF(1)WAFの概要

AWS WAF

AWS WAFは、Amazon API GatewayAmazon CloudFrontApplication Load Balancer に転送される HTTP および HTTPS リクエストをモニタリングできるWAF。

  • 指定したリクエスト 以外の全てのリクエストを許可する
  • 指定したリクエスト 以外の全てのリクエストをブロックする
  • 指定したプロパティに一致するリクエストを カウントする

ことができる。これらを設定する際には、

  • リクエストの発生元の IP アドレス
  • リクエスト送信元の
  • リクエストヘッダーの値
  • リクエストに含まれる 文字列
  • リクエストの 長さ
  • 悪意のある 可能性がある SQLコード の有無
  • 悪意のある 可能性があるスクリプトの有無

などを条件として指定できる。また、 DDoS攻撃の影響を最小限に抑えることが可能な AWS Shield と組み合わせて使用することもでき、これらのサービスを簡単に管理可能な AWS Firewall Manager が用意されている。WAFは、ルールの複雑性が加味された Web ACl Capacity Unit 単位で課金される。

CloudFrontと併用する際には、WAFが返却したレスポンスに応じてカスタムエラーページを表示 したり、 CloudFrontの地理的ブロッキング機能と同時に使用する ことができる。

ACLとルール

Web ACLは、表示された リスト順に評価 され、ルールに一致するリクエストを 許可 , ブロック , カウント することができる。また、どのルールにも一致しないリクエストをどのように処理するかを定める デフォルトアクション を指定することができる。

WEB ACLに追加可能なルールセットである、ルールグループ を規定することができ、あらかじめAWSやベンダーが作成した、マネージドルールグループ を使用/購入することもできる。ルールグループにはデフォルトアクションが設定されておらず複数のWEB ACLに同一のルールグループを適用することができる。

グループ名 WCU 内容 利用シーンと効果
Admin protection 100 公開されている管理ページへの外部アクセスをブロックするためのルール サードパーティーのソフトウェアを実行している場合や、悪意のあるアクターがアプリケーションへの管理アクセスを得るリスクを軽減したい場合
Amazon IP reputation list 25 ボットやその他の脅威に関連付けられている IP アドレスをブロック ボットを軽減したい場合
Core rule set 700 ウェブアプリケーションに一般的に適用可能なルール
Known bad inputs 200 脆弱性の悪用または発見に関連するリクエストパターンをブロックするルール 悪意のあるアクターが脆弱なアプリケーションを発見するリスクを軽減
Linux operating system 200 Linux 固有の脆弱性の悪用に関連するリクエストパターンをブロック 攻撃者がアクセスしてはならないファイルの内容を公開したり、コードを実行したりする攻撃を防ぐ
PHP application 100 安全でない PHP 関数のインジェクションなど、PHP プログラミング言語の使用に固有の脆弱性の悪用に関連するリクエストパターンをブロックするルール 攻撃者が許可されていないコードまたはコマンドをリモートで実行できる脆弱性の悪用を防ぐ
POSIX operating system 100 POSIX および POSIX と同等のオペレーティングシステムに固有の脆弱性の悪用に関連するリクエストパターンをブロックするルール アクセスしてはならないファイルの内容を公開したり、コードを実行したりする攻撃を防ぐ
SQL database 200 SQL Database ルールグループには、SQL インジェクション攻撃などの SQL データベースの悪用に関連するリクエストパターンをブロックするルール 不正なクエリのリモートインジェクションを防ぐ
Windows operating system 200 PowerShell コマンドのリモート実行など、Windows 固有の脆弱性の悪用に関連するリクエストパターンをブロックするルール 悪意のあるコードを実行したりする脆弱性の悪用を防ぐ
WordPress application 100 WordPress サイト固有の脆弱性の悪用に関連するリクエストパターンをブロックするルール

ロギング

ログ記録を有効化することで、WEB ACLで分析されるトラフィックの詳細情報を取得することができる。ログ記録を有効化すると Kinesis Firehose経由で指定した場所にログが保存される

また、CloudWatchアラームで特定のメトリクスをモニタリング することができるほか、CloudTrailによるアクションレコードの保存にも対応している。

FireWall Manager

FireWall Managerを用いることで、AWS WAF Classic ルール、AWS Shield アドバンスド 保護、 Amazon VPC セキュリティグループ を有効化することができ、これにより組織全体の保護を行ったり、リソースの頻繁な追加に対応し、組織全体のDDoS攻撃を一元的に監視することができる。 FireWall Managerを使用するためには、AWS Organizationのメンバーである必要 がある。

AWS認定(2)デベロッパー(アソシエイト)に合格するまで

AWS認定デベロッパー試験合格に向けての資料集。以下の資料を何度も読み込んで、手を動かしながら実践を繰り返すことが合格の近道となる。

出題範囲と学習法

AWS認定デベロッパー試験の問題は、システムを構築する際に、可用性や拡張性コストなどを考慮した上で、実際どのような手法で実装するかについて問われることが多い。AWSが提供するサービスは100を超えるが、本試験を受講する上では、API Gateway, Cognito, DynamoDB, S3, SQS, IAM(STS), Elastic Beanstalk, Elastic Beanstalk, Lambdaなどのデプロイツールやサーバレスアーキテクチャの理解。また、CloudFormation, CodeBuild, CodeCommit, CodeDeploy, CodePipeline, CloudFront, CloudWatch, ElastiCache, Kinesis, RDS, X-Rayなども理解しておくことが必要である。

勉強法は、

  1. サンプル問題集に目を通してレベルを確認する
  2. 以下の資料を読みながら実際に各サービスに触れる
  3. 模擬試験を受講する

で十分合格ラインに行くかと。ちなみに学習時間は2週間ほど。なお、各サービスのドキュメントにベストプラクティスの項目が存在する場合は、該当部分を理解しておく

対策本

対策本はほとんど発売されていない。以下の本が唯一の試験対策本。この本には、各サービスの概要や特徴が簡潔に書かれており、AWSの各サービスの概要を学ぶためには非常に有効。一方で、章末問題と実際の試験問題は異なるので、実際の問題に慣れるためには、模擬試験の受講が必要である。

AWSの概要とセキュリティ

AWS(1)AWSの概要とメリット
AWS(4)Well-Architectedフレームワーク
AWS(5)セキュリティのベストプラクティス

AWS Identity and Access Management

AWS(2)セキュリティの概要
AWS Identity and Access Management(1)IAMの概要
AWS Identity and Access Management(4)STS

AWSの基本サービスの概要

Amazon S3

AWS S3(3)S3の概要
AWS S3(4)使用する上で注意すること

Amazon RDS

AWS RDS(1)Relational Database Serviceの概要

Amazon DynamoDB

AWS DynamoDB(1)DynamoDBの概要

Amazon ElastiCache

AWS ElastiCache(1)ElastiCacheの概要

AWS Lambda

AWS Lambda(1)Lambdaの概要
AWS Lambda(3)使用する上で注意すること

Amazon Kinesis Data Streams

AWS Kinesis(1)Kinesisの概要

Amazon SQS

AWS SQS(1)Amazon Simple Queue Serviceの概要

AWS Elastic Beanstalk

AWS Elastic Beanstalk(1)Elastic Beanstalkの概要

Amazon CloudWatch

AWS CloudWatch(1)CloudWatchの概要

Amazon SNS

AWS SNS(1)Simple Notification Serviceの概要
AWS SNS(2)モバイルプッシュ通知

Amazon Cognito

AWS Cognito(1)Cognitoの概要

AWS API Gateway(3)カスタムログの出力


API Gatewayは、詳細のアクセスログをCloudWatch Logsに吐き出すことができる。CloudWatch Logsへのログ書き込みを行うためには、書き込み権限の取得とログを書き込むロググループの指定が必要となる。

IAMロールの指定

IAM上でAPI GatewayからCloudWatch Logsへの書き込み許可を持つIAMロールを作成する。IAMでは、あらかじめAmazonAPIGatewayPushToCloudWatchLogsと呼ばれるポリシーが用意されているため、このポリシーがアタッチされたIAMロールを作成する。この作成したIAMロールをAPI Gatewayの設定画面上で指定することで、API GatewayはCloudWatch Logsへの書き込み権限を取得する。

ログの指定

次にAPI Gateway上の各APIのログ/トレース設定画面にて、カスタムアクセスのログ記録を有効化する。入力項目は、CloudWatchロググループのARNと、ログ形式の2種類。ログ形式は、JSONやCLFなどの中から選ぶと自動的に入力される。

AWS API Gateway(2)Kinesisへのデータ投入

API Gatewayから大量のデータを投入し、これらのデータを解析および蓄積する場合には、API GatewayからLambdaに直接データを渡すのではなく、大規模データストリームサービスのKinesisを介した方が、バックエンドのシステムが高負荷に晒されずに安定的に稼働させられる場合がある。

API Gatewayとバックエンドのエンドポイントとの接続は、API Gateway内の統合リクエスト機能を用いて行い、統合リクエストは下の5つの統合タイプを用意している。

  • Lambda関数
  • HTTP
  • Mock
  • AWSサービス
  • VPCリンク

Mockは、バックエンドと接続せずにレスポンスを返す統合タイプで、テストを行う際や、CROSのプリフライトリクエストの返答などに用いる。

統合リクエスト

Kinesisと接続する場合は、POSTメソッドを作成し、上記のうちの「AWSサービス」を選択して以下のように各欄に必要事項を入力する。Kinesisへデータ投入する際には、Kinesis側で用意されているputRecordメソッドを使用する。

データ入力項目

項目 入力内容 備考
統合タイプ AWSサービス  
AWS リージョン 当該Kinesisのリージョン  
AWS サービス Kinesis  
AWS サブドメイン 空欄  
HTTP メソッド POST  
アクション PutRecord  
実行ロール KinesisへのputRecordをAPI Gatewayに許可するIAMロール arn:aws:iam::account-id:role/iam-role-name

IAMロールについては、KinesisへのputRecordをAPI Gatewayに許可する記述が必要で、IAM上で以下の内容を含んだIAMロールを作成する。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "VisualEditor0",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "kinesis:PutRecord",
                "kinesis:PutRecords"
            ],
            "Resource": "arn:aws:kinesis:*:*:stream/*"
        }
    ]
}

データマッピング

API GatewayからKinesisにデータを投入する場合は、クライアントから受信したデータをKinesisが規定するデータフォマットに変換する必要がある。これに対応するのがデータマッピング機能で、Velocity Template Languageを用いて記述することができる。

よく使われる関数および使用例を以下に挙げる。

記述 内容
#set($param = ”) 変数の定義
#if(評価式) #end if文
$context.requestTimeEpoch データの受信時刻
$input.path(‘$.param’) 入力データ内の指定タグの値
$input.path(‘$.param’).size 入力データ内の指定タグの数
$input.params().header.get(”) ヘッダ内の指定タグの値
$input.json(‘$.param’) 入力データ内の指定タグJSONデータ
$util.urlDecode($input.path(‘$’)) 入力データをURLデコード
$util.escapeJavaScript(data) 文字をエスケープ
$util.base64Encode(data) 文字をBASE64エンコード

また、これらを使用してデータマッピングを記述すると以下となる。

#set($allParams = $input.params())
{
  "params" : {
    #foreach($type in $allParams.keySet())
    #set($params = $allParams.get($type))
    "$type" : {
      #foreach($paramName in $params.keySet())
      "$paramName" : "$util.escapeJavaScript($params.get($paramName))"
      #if($foreach.hasNext),#end
      #end
    }
    #if($foreach.hasNext),#end
    #end
  }
}

AWS API Gateway(1)API Gatewayの概要

API Gatewayとは

API Gatewayは、完全マネージドのAPI作成サービス。受信したAPIコールと送出したデータ量に対して課金される。スロットリングによるトラフィック管理ができるため、DDoSやトラフィックの激増にも対応することが可能であり、リミットを超えたリクエストにはHTTPステータス 429が返却される。また、レスポンスはキャッシュ可能であり、レイテンシやトラフィック等を低減することができる。

API Gatewayは、IAMやCognitoを用いたアクセス認証署名付きAPIコールなどを使用することができるために柔軟にセキュリティ管理ができる。また、CloudWatchやCloudWatch Logsを用いた監視が可能で効率的なデバッグとモニタリングを実現している。

![API Gateway]https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/apigateway/latest/developerguide/images/BackplaneArch.png

エンドポイント

API Gatewayは、特定のリージョンにデプロイされる。エンドポイントは以下の3種類がサポートされている。エンドポイントは、HTTPSのみサポートされている。

種類 内容
エッジ最適化 CloudFrontネットワークにデプロイ
リージョン リージョンにデプロイ。EC2 インスタンスまたは API と同じリージョン内のサービスから送られる場合に使用すると良い。
プライベート VPCからのみアクセス可能

リソースとメソッド

APIは階層構造となっており、リソースやメソッドをネストすることも可能。指定可能なメソッドは以下の通り。

種類 実行内容
POST 子リリースの作成
PUT 既存リソースの更新
DELETE リソースの削除
PATCH リソースの更新
HEAD テストシナリオに使用
OPTIONS 通信オプションに関する情報を取得する度に使用できる

CROSを有効にするためには、OPTIONSメソッドのプリフライトリクエストに対してAPIが応答することが必要であり、このリクエストに対して、HTTPステータス 200Access-Control-Allow-Method, Access-Control-Allow-Headers, Access-Control-Max-Ageヘッダを含んだレスポンスを返す。これらの挙動には、統合リクエスト/レスポンスのMockタイプを使用する。

リクエストに対して、 URLクエリ文字列パラメータHTTPヘッダHTTPボディを検証し、必須の項目が含まれているかやキャッシュを行うかなどを指定することができる。HTTPボディがapplication/json形式である場合は、JSON Schemaを用いてJSON形式を指定することもできる。

統合リクエスト/レスポンスとマッピングテンプレート

API Gatewayとバックエンドとを接続する内部インタフェース。マッピングテンプレートを用いることで、フロントエンド(API Gateway)とバックエンドのデータ形式を変換することができる。

  • Lambda関数の呼び出し
  • 他のAWSサービスの呼び出し
  • HTTPウェブサイトのアクセス

の3つのバックエンドへのアクセスに対応している。Lambdaプロキシ統合を用いることで、API GatewayとLambdaがより協力に結合され、リクエストヘッダやパス変数などがLambdaに渡される。また、HTTPプロキシとして使用することも可能である。

デプロイ

APIを利用可能とするためには、APIのリソースおよびメソッドのスナップショットであるAPIのデプロイを実施する必要がある。APIをバージョン管理できるために、新しいバージョンを簡単にテストしリリースすることが可能である。

1アカウント1リージョンあたりのAPIの上限は、10000RPSである。これ以上のアクセス負荷にも耐えうる値とする場合は上限緩和申請が必要となる。