AWS Resource Access Manager(1)RAMの概要

AWS Resource Access Manager

AWS RAMを利用すると、プロビジョニングもしくは管理されたリソースを 他のAWSアカウントと共有することができる 。サポートしてるAWSリソースは以下の通り。

  • Amazon Aurora(クラスタ)
  • AWS CodeBuild(プロジェクトとレポートグループ)
  • Amazon EC2(サブネット、TransitGatewayなど)
  • Amazon EC2 Image Builder
  • AWSライセンスマネージャー(ライセンス)
  • AWSリソースグループ
  • Amazon Route 53

組織内でこれらのリソースを共有する場合は、invitationは送信されない 。EC2リソースを共有する場合、アカウント毎に同一リージョンのアベイラビリティゾーンの名称が異なる可能性がある。このため、正確にリソースの場所を特定するためには、 AZ ID を使用する。

AWS RDS(1)Relational Database Serviceの概要

RDSとは

RDSは、AWS内でRDBSを簡単に設定、運用、スケールできるサービスで、データベースのセットアップやパッチ適用、バックアップなどの管理タスクを自動化している。対応しているRDBSは、Amazon AuroraMySQLMariaDBOracleMicrosoft SQL ServerPostgreSQLの6種類である。一部制限事項も存在するため、この制限事項とのトレードオフが許容できない場合は、EC2上でRDBSを稼働させることも検討する。

管理負荷を軽減

RDBSにわずか数分でアクセス可能で、CloudWatchによる監視にも対応しているため、パフォーマンスの問題を簡単に検出することが可能である。また、ソフトウェアのパッチが自動的に適用されるために、常に最新の状態が維持されている。

パフォーマンス

汎用(SSD)ストレージプロビジョンドIOPS(SSD)ストレージから選択することが可能である。

スケーラビリティ

最大32vCPUおよびRAM244GiBまで拡張することが可能で、数分以内にスケーリングすることができる。また、ストレージサイズも柔軟に拡大が可能で、稼働中にダウンタイムなしに最大16TBまでストレージの拡張を行うことができる。また、リードレプリカを使用(=Amazon AuroraMySQLMariaDBPostgreSQLのみ対応)することで、読み込み負荷の高い処理をスケールアウトすることができる。

可用性と耐久性

自動バックアップ機能によって自動的(=1日に1回)に、もしくは任意の時点のスナップショットを保存することもでき最大35日(デフォルトは7日間保持)まで保存可能。また、RDは、5分に1回トランザクションログを保存しているため、これを用いて新たなインスタンスを起動(ポイントインタイムディカバリ)が可能。マルチAZ配置オプションを使用することで、異なるAZのスタンバイインスタンスにデータを複製し、可用性を向上させることができ、ハードウェア障害が発生した場合には、自動でフェールオーバされる。DNSでCNAMEが書き換えられ切り替えには数分要する。なお、スナップショット実行時は、短時間I/Oが停止することに注意が必要

セキュリティ

KMSを使用してデータベースを暗号化することが可能。また、VPC上で稼働させることで独自のネットワーク上で外部と隔離された状態で稼働できる。