シェル(1)Bashの基本設定

Bashとは

シェルは、コマンドライン・インタプリタとも呼ばれ、ユーザが入力したコマンドをカーネルに渡すプログラムである。シェルには、Bashcshzshなど様々な種類が存在するが、LinuxやMac OSでは、Bashが標準シェルとなっている。/bin/shは、Linuxにおける標準シェルを示しており、通常はBashへのシンボリックリンクとなっている。

$ ls -l /bin/sh
lrwxrwxrwx 1 root root 4  9月 26 15:52 2014 /bin/sh -> bash

なお、Bashを/bin/shとして実行させるとPOSIX準拠モードで起動するため、厳密にはBashと挙動が異なる。以下のコマンドを実行することで、インストール済みのシェルを確認することができる。

$ cat /etc/shells 
/bin/sh
/bin/bash
/sbin/nologin
/bin/dash
/bin/tcsh
/bin/csh

ファイルディスクリプタ

シェルは、実行するプログラムの以下の値を取得することが可能となっている。

ディスクリプタ 略記 内容
<0 < 標準入力
>1 > 標準出力
>2 >2 標準エラー出力

標準出力も標準エラー出力も同時に出力したい場合は、2>&1と記述する。

ショートカット

カーソルの移動や編集を行う際に以下のショートカットを使うと便利。

コマンド 意味 内容
Ctrl + a ahead 行頭に移動
Ctrl + e end 行末へ移動
Alt + b before 一単語左へ
Alt + f foward 一単語右へ
Ctrl + d delete カーソルの文字を消す
Ctrl + h 0x08 (Backspace) カーソルの左の文字を消す
Ctrl + w word カーソルの左の単語を消す
Ctrl + u unix-line-discard カーソルより左の文字を全てカット
Ctrl + k kut カーソルより右の文字を全てカット
Ctrl + y yank ペースト
Ctrl + p previous 前の履歴を表示
Ctrl + n next 次の履歴を表示
Ctrl + r reverse 過去の履歴から検索
OLDPWD 直前にいたディレクトリ

設定ファイルの読み込み順序

bashの設定ファイルはいくつもあるが、以下の順序で読み込まれるらしい。

読み込み順序 読み込み時 対象 ファイル
1 ログイン時 全ユーザ /etc/profile
2 ログイン時 各ユーザ ~/.bash_profile
3 ログイン時 各ユーザ ~/.bash_login
4 bash起動時 各ユーザ ~/.bashrc
5 ログイン時のシェル終了時 各ユーザ ~/.bashrc

PATHを通すときなどに無意識に~/.bashrcにPATHを書いてたけど、~/.bashrcにPATHを書いてbashを複数タブで起動すると、その度に同じPATHが追加されてしまうようだ。というわけで、設定ファイルは、~/.bash_profileに書いておけばいいということか。

設定ファイルの内容

historyコマンド時に時間情報も表示させると便利。
過去のコマンドが消えてしまわないように、historyの上限値も増やしておくと、なお便利。
ちなみに、![履歴番号]で、history内の過去のコマンドを実行できる。

# History
HISTSIZE=50000
HISTTIMEFORMAT='%Y-%m-%d %H:%M:%S '

# Path
PATH="$PATH":/usr/local/bin:/bin:/sbin:/usr/bin

コマンドの実行

シェルで実行ファイルを実行する場合、PATH付きで指定しなければいけない。カレントディレクトリの実行ファイルを、

$ ./a.out

などと書くのは上記ルールによる。ただし、シェルにPATHが通っている場合は、PARHを省略できる。実行したファイルのPATHを確認するにはwitchコマンドを使って、

$ witch ls

alias ls='ls --color=auto'
	/bin/ls

とすればよい。また、cd, echo, pwdなどのコマンドは、ビルトインコマンドと呼ばれ、シェル自身に組み込まれたコマンドである。コマンドのタイプを確認するためには、

$ type pwd
pwd is a shell builtin

typeコマンドを使用する。

CentOS7(1)アレイコントローラの認識

HP Dynamic Smart Array B140i Controller

CentOS7をインストールするサーバに、アレイコントローラが搭載されている場合、アレイコントローラのドライバを指定した上でインストールを実行しないと、論理ドライブが認識されずに物理ドライブがそのまま見えてしまう場合がある。HP ProLiantに搭載されているHP Dynamic Smart Array B140i Controllerを認識させる場合は、デバイスドライバの入ったUSBメモリを作成し、このUSBメモリを使ってCentOSインストールと同時にドライバの組み込みも行う。デバイスドライバは、HPのサポートページからダウンロードすることが可能である。

デバイスドライバ(ドライバディスケット)のダウンロード

HPのサポートページから「.gz」形式のドライバーをダウンロードする。

デバイスドライバのダウンロード

デバイスドライバー(ドライバディスケット)の解凍

解凍すると「.dd」形式のファイルとなる。

デバイスドライバの解凍

USBメモリへの書き込み

FAT形式にフォーマットしたUSBメモリにddコマンドを用いてドライバを書き込む。「.dd」形式のファイルをファインダー上でドラッグアンドドロップするだけでは、正常に読み込むことができない

FAT形式にフォーマット

Macの場合は、ディスクユーティリティを使ってFAT形式にフォーマットする。このとき、名前をUNTITLEDと命名すると、通常は/Volumes/UNTITLEDでマウントされる。また、装置欄に記述されている名称(disk2)がデバイス名称(/dev/disk2)となる。

USBメモリのフォーマット

ddコマンドによる書き込み

USBメモリがマウントされている状態では、ddコマンドを実行することができない。

$ sudo dd if=hpdsa-1.2.8-107.rhel7u0.x86_64.dd of=/dev/disk2
Password:
dd: /dev/disk2: Resource busy

そこで、ddコマンドを実行する前に、USBメモリをアンマウントしておく。

$ sudo umount -fv /Volumes/UNTITLED

改めて、ddコマンドを実行する。

$ sudo dd if=hpdsa-1.2.8-107.rhel7u0.x86_64.dd of=/dev/disk2
2584+0 records in
2584+0 records out
1323008 bytes transferred in 0.654908 secs (2020143 bytes/sec)

CentOSをインストール

CentOSをインストールする際にGRUBエントリーの編集を行い、デバイスドライバーのインストールとAHCIの無効化を行う。

GRUB選択画面

eコマンド”で編集画面に遷移し、”inst.dd modprobe.blacklist=ahci“を追記した上で起動を行う。この時点では、まだUSBメモリを挿入しない

vmlinuz initrd=initrd.img inst.stage2=hd:LABEL=CENTOS\X207\X20\X86_64 quit inst.dd modprobe.blacklist=ahci


すると、どのデバイスからドライバをインストールするかを問うプロンプトが表示されるので、**この時点で初めてUSBメモリを挿入**し、”**rコマンド**“によりデバイス一覧の再スキャンを行う。


DD: starting interactive mode

(Page 1 of 0) Driver disk device selection
    /DEVICE TYPE      LABEL
# to select, 'r'-reflesh, or 'c'-continue:

USBメモリが認識されるので、どのデバイスにある、どのドライバを組み込むのかを対話形式で入力する。

(Page 1 of 1) Driver disk device selection
	/DEVICE	TYPE	LABEL
1)	sda1	vfat	VID	XXXXX
2)	sda2	ext4	OEMDRV	XXXXX
# to select, 'r'-reflesh, or 'c'-continue: 2
DD: Examining /dev/sda2

(Page 1 of 1) Select drivers to install
1)	[]	/media/DD-1/rmps/x86_64/kmod-hpdsa-1.2.8-107.rhel7u2.x86_64.rpm
# to toggle selection, or 'c'-continue: 1

(Page 1 of 1) Select drivers to install
1)	[x]	/media/DD-1/rmps/x86_64/kmod-hpdsa-1.2.8-107.rhel7u2.x86_64.rpm
# to toggle selection, or 'c'-continue: c
DD: Extracting: kmod-hpdsa

これでドライバの組み込みが終了したので、この時点で必ずUSBメモリを抜いておく。USBメモリを挿したままインストール作業を実行すると、USBメモリからOSインストールを行おうとしてエラーが発生する。

HP Smart Array P440 FBWC Controller

SAS HDDのアレイコントローラであるP440は、何もしなくてもCentOSから認識された。違いはなんなんだ。

Fluentd + Elastichsearch + Kibana(1)CentOS7で環境構築する

Fluentdで収集したログをElastichsearch + Kibanaに入れて可視化する。ここを参考にしながら、まずはCentOS7に環境構築してみる。

Elastichsearch

OpenJDKのインストール

Elasticsearchは、インストールにJAVA7以降(Java8 Update 20以降、もしくはJava7 Update 55以降)のJDKを必要とする。Oracle JavaもしくはOpen JDKがサポートされているようなので、今回はOpenJDK8をインストールする。

sudo yum -y install java-1.8.0-openjdk

Elastichsearch のインストール

RPMからElastichsearchをインストールする。

sudo rpm -ivh https://download.elastic.co/elasticsearch/release/org/elasticsearch/distribution/rpm/elasticsearch/2.3.5/elasticsearch-2.3.5.rpm

インストールが終わると以下のように忠告されるので、

### NOT starting on installation, please execute the following statements to configure elasticsearch service to start automatically using systemd
 sudo systemctl daemon-reload
 sudo systemctl enable elasticsearch.service
### You can start elasticsearch service by executing
 sudo systemctl start elasticsearch.service

言われた通りにコマンドを実行し、Elastichsearchを起動。

sudo systemctl daemon-reload
sudo systemctl enable elasticsearch
sudo systemctl start elasticsearch

Fluentd

Fluentdをインストール

自動インストールスクリプトが用意されているので、これを実行する。現在、Fluentdは2.X系で開発が進められているので、td-agent2を指定してインストールを行う。

sudo curl -L http://toolbelt.treasuredata.com/sh/install-redhat-td-agent2.sh | sh

FluentdとElastichsearchとの連携

FluentdからElastichsearchへデータを受け渡すためのプラグインをインストールする。

sudo yum -y install gcc libcurl-devel
sudo td-agent-gem install fluent-plugin-elasticsearch

Fluentdを起動

sudo systemctl enable td-agent
sudo systemctl start td-agent

Kibana

Kibanaのインストール

Elastichsearchのリポジトリを追加する。

sudo vi /etc/yum.repos.d/elastic.repo

[kibana-4.4]
name=Kibana repository for 4.4.x packages
baseurl=http://packages.elastic.co/kibana/4.4/centos
gpgcheck=1
gpgkey=http://packages.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1

yumからインストールする。

sudo yum install kibana -y

Kibanaを起動

sudo systemctl enable kibana
sudo systemctl start kibana

Kibanaを起動

これでインストール作業が全て完了。
インストールしたサーバの5601ポートにアクセスするとこんなページが見れるはず。

http://XXX.XXX.XXX.XXX:5601

Kibana