AWS Amplify Framework(2)Authenticationモジュール

Authenticationモジュール

Authenticationモジュールは、認証(AuthN)と認可(AuthZ)の機能を提供する。AWS Cognito ユーザプール を介して、FacebookやGoogleなどのOpenIDプロバイダーの情報を含むユーザ情報を格納し、ユーザの認証を行う。また、AWS Cognito Federated Identitiesを介して、例えば、S3へのファイルアップロードできる権限を付与するなど、AWSリソースに対しての認可の機能も提供する。AWS CLIは、アクセス制御ポリシーの自動化と、GraphQLを用いたきめ細やかなアクセス制御機能を提供する。

シンプルな認証では、AWS Cognito ユーザプール を通してユーザの認証のみを行い、この認証に通れば、(ログイン)アプリが利用するAWSリソースと通信が可能となる。一方で、ユーザ別にコンテンツを出し分ける必要がある場合などには、そのユーザに関連するAWSリソースのみにアクセス権限を付与しなければならない。この場合は、AWS Cognito Federated Identitiesを通して、そのユーザに必要な権限のみを許可された、AWS Credentialがやりとりされる。

セットアップ

Amplifyプロジェクトのルートディレクトリでamplify add authコマンドを実行することで、ウィザードに従って自動セットアップを行うことができる。

設定内容の例はこちら。

設定項目 内容
リソース名 myproject
User Pool名 myproject
Sign-Inに使用する属性 Email
MFA 無効
ユーザ登録等にEメールを使用 有効
認証メールのタイトル MyProject から 認証コード をお送りします
認証メールの本文 あなたの認証コードは {####} です。
Sign-Up時に必須の属性 Email, Name
Tokenの有効期間 30日
アクセスできるユーザ属性の限定 なし
その他の機能 ホワイトリストによるEmailドメインのフィルタ
OAuthの使用 なし
Lambda Triggers Pre Sign-up
ホワイトリストに指定するドメイン surbiton.jp

上の内容を設定するために、以下のような対話式ウィザードによって必要事項を埋めていく。

$ amplify add auth

 Do you want to use the default authentication and security configuration? Manual configuration
 Select the authentication/authorization services that you want to use: User Sign-Up & Sign-In only (Best used with a cloud API only)
 Please provide a friendly name for your resource that will be used to label this category in the project: myproject
 Please provide a name for your user pool: myproject
 Warning: you will not be able to edit these selections. 
 How do you want users to be able to sign in? Email
 Multifactor authentication (MFA) user login options: OFF
 Email based user registration/forgot password: Enabled (Requires per-user email entry at registration)
 Please specify an email verification subject: MyProject から 認証コード をお送りします
 Please specify an email verification message: あなたの認証コードは {####} です。
 Do you want to override the default password policy for this User Pool? No
 Warning: you will not be able to edit these selections. 
 What attributes are required for signing up? Email, Name
 Specify the app's refresh token expiration period (in days): 30
 Do you want to specify the user attributes this app can read and write? No
 Do you want to enable any of the following capabilities? Email Domain Filtering (whitelist)
 Do you want to use an OAuth flow? No
 Do you want to configure Lambda Triggers for Cognito? Yes
 Which triggers do you want to enable for Cognito (Press <space> to select, <a> to toggle all, <i> to invert selection)Pre Sign-up
 What functionality do you want to use for Pre Sign-up (Press <space> to select, <a> to toggle all, <i> to invert selection)Sign-Up email filtering (whitelist)
 Enter a comma-delimited list of allowed email domains (example: 'mydomain.com, myotherdomain.com'). surbiton.jp
Succesfully added the Lambda function locally
 Press enter to continue 
Successfully added resource myproject locally

Lambdaトリガー

Amplify CLIを用いることで、ホワイトリスト内のユーザのみに新規登録を認める処理を加えるなど、AWS Cognito ユーザプール のトリガに対応したLambdaを設定することができる。

Vue Components

認証モジュールに関連して使用できるVue Componentsは以下の通り。

Components 内容
<amplify-authenticator></amplify-authenticator> 認証全般
<amplify-sign-in></amplify-sign-in> Sign-In
<amplify-confirm-sign-in></amplify-confirm-sign-in> Sign-Inの確認
<amplify-sign-up></amplify-sign-up> Sign-Up
<amplify-forgot-password></amplify-forgot-password> パスワード忘れ時
<amplify-sign-out></amplify-sign-out> Sign-Out
<amplify-set-mfa></amplify-set-mfa> MFAの設定

Example

認証モジュールを組み込んだVue Componentの実装例は以下の通り。

<template>
  <div id="auth">
    <div v-if="signInStatus === 'signedIn'">
      <!-- サインアウト -->
      <amplify-sign-out></amplify-sign-out>
    </div>
    <div v-else>
      <!-- サインイン -->
      <amplify-authenticator v-bind:authConfig="authConfig"></amplify-authenticator>
    </div>
  </div>
</template>

<script>
import { AmplifyEventBus } from 'aws-amplify-vue'
import { Auth } from 'aws-amplify'
export default {
  name: 'Auth',
  components: {},
  data: function() {
    return {
      signInStatus: 'signedOut',
      authConfig: {
        // サインインにEmailを使用
        usernameAttributes: 'Email',
        signUpConfig: {
          hideAllDefaults: true,
          // サインアップに使用する項目
          signUpFields: [
            {
              label: 'Email',
              key: 'email',
              required: true,
              displayOrder: 1,
              type: 'string',
              signUpWith: true
            },
            {
              label: 'Name',
              key: 'name',
              required: true,
              displayOrder: 2,
              type: 'string'
            },
            {
              label: 'Password',
              key: 'password',
              required: true,
              displayOrder: 3,
              type: 'password'
            },
          ]
        }
      }
    }
  },
  async beforeCreate() {
    try {
      // 現在のユーザ
      await Auth.currentAuthenticatedUser()
      this.signInStatus = 'signedIn'
    } catch (err) {
      this.signInStatus = 'signedOut'
    }
    AmplifyEventBus.$on('authState', info => {
      switch (info) {
        case 'signedIn':
          this.signInStatus = 'signedIn'
          break
        default:
          this.signInStatus = 'signedOut'
          break
      }
    });
  }
}
</script>

<style>
</style>

AWS Amplify Framework(1)Amplifyの概要

AWS Amplify Frameworkとは

AWS Amplifyは、モバイルアプリやウェブアプリの実装を容易にするフレームワークで、AWS上のバックエンドをプロビジョニングし、iOSAndroidWeb、React Native上などのフロントエンドと簡単に統合することが可能なライブラリUIコンポーネントCLIなどを提供する。バックエンドのサービスを設定可能なAmplify CLIや、Web上に展開するAmplify JSなどのリソースがGitHub上で提供されており、認証解析プッシュ通知ボットなどの機能を実装することが可能である。

機能名 Frontend API Backend Category AWSサービス 内容
Analytics AnalyticsClass analytics Pinpoint ユーザのセッションや属性などを計測
Interactions Interactions intaraction Lex Botの構築
Cache CacheObject LRUキャッシュ
API APIClass api Lambda + API Gateway REST/GraphQL APIの利用
PubSub PubSub IoT リアルタイムデータのやりとり
Hub HubClass ユーザセッション、属性等を追跡
Authentication AuthClass auth Cognito 認証APIとpre-build UI component
Notification PushNotification notifications Pinpoint プッシュ通知
I18n I18n 多言語化
Storage StorageClass storage S3, DynamoDB 静的コンテンツの管理
XR XR xr Sumerian AR/VR
Logger Logger コンソールログの記録
Service Worker ServiceWorkerClass
function Lambda 関数の作成
hosting S3, CloudFront Webサイトホスティング
Predictions prediction Recognition など 予測

Amplify CLI

Amplify CLIを用いることでバックエンドを簡単に設定することができる。バックエンドのカテゴリごとにカテゴリプラグインや、プロバイダープラグインフロンドエンドプラグインなど様々なプラグインが用意されている。これらのリソースの状況は、amplify statusコマンドで確認することができる。

初期設定

amplify initコマンドを実行することで、フロントエンドの設定確認と初期化、AWS上のバックエンドをセットアップすることができる。

コマンド 実行内容 備考
amplify init Amplify プロジェクトを作成/初期化, IAMロールの作成 ルートディレクトリで実行すること
amplify delete Amplify プロジェクトをすべて削除 再度構築する場合は amplify init が必要

コマンドの実行手順は以下の通り。

実行順序 コマンド 内容
1 amplify configure AWSユーザや認証情報の設定
2 amplify init プロジェクトの作成
3 amplify add カテゴリの追加
4 amplify push バックエンドのデプロイ

バックエンドの環境設定

1つのプロジェクトは設定の異なる複数のバックエンド(=Env)を持つことが可能で、amplify envコマンドを用いてこれらのバックエンドを切り替えることが可能。Gitのブランチと組み合わせることも可能で、masterブランチ上のプロジェクトはprod環境のバックエンド上にデプロイ、developブランチ上のプロジェクトはdevelop環境のバックエンド上にデプロイするなどの設定を行うことができる。万が一、AWS上のCloudFormationを削除してしまった状態のままデプロイした場合はエラーとなるので、この場合はamplify initコマンドでバックエンドの再生成が必要となる。

コマンド 実行内容
amplify env add <ENV> バックエンドを追加
amplify env remove <ENV> バックエンドを削除
amplify env pull <ENV> –restore AWS上のバックエンド設定を参照して上書き
amplify env list バックエンドの一覧を表示

AWS Amplify Console等の外部サービスでAmplifyをデプロイしたあとに、amplify pushコマンドを用いて開発環境上でデプロイを実行すると、バックエンドのデプロイ状態に差異が生じているためにデプロイに失敗する。上記のamplify env pullコマンドによって、AWS上の最新のバックエンド情報を取得することで、この問題は解決する。

カテゴリの追加と削除

上述のようにAmplify Frameworkは、認証解析などの様々な機能を有している。これらの機能(=カテゴリ)を自身のプロジェクトに追加したり削除したりするのが以下のコマンドである。

コマンド 実行内容
amplify add <CATEGORY> カテゴリを追加
amplify update <CATEGORY> カテゴリを更新
amplify remove <CATEGORY> カテゴリを削除

その他のコマンド

その他よく使うコマンドは以下の通り。

コマンド 実行内容
amplify status Amplify プロジェクトのステータスを表示
amplify push Amplify プロジェクトをAWS上でデプロイ
amplify console AWSのマネージメントコンソールに遷移

Amplifyプロジェクト

Amplifyプロジェクトは、以下のようなディレクトリ構成となっている。

.
├── amplify/
|   ├── .config/                        (自動生成)   クラウドの構成とユーザー設定を格納 (amplify init)
|   |   ├── local-aws-info.json         (自動生成)  AWSクレデンシャルのプロファイル名を格納
|   |   ├── local-env-info.json         (自動生成)  ローカルのディレクトリやIDEの設定を格納
|   |   └── project-config.json         (自動生成)  プロジェクトの設定を格納       
|   ├── backend/
|   |   ├─── api
|   |   |   └── PROJECT_NAME
|   |   |       └── schema.graphql      (編集可)    GraphQLのスキーマ
|   |   ├─── auth
|   |   |   └── PROJECT_NAME
|   |   |       └── parameters.json     (編集可)    プロンプトで設定した内容を格納(amplify add auth)
|   |   ├── amplify-meta.json          (自動生成)   AWSリソースの設定情報(Permission, Category)を格納, Gitリポジトリの管理対象外
|   |   └── awscloudformation          (自動生成)   CloudFormationのルートスタック, Gitリポジトリの管理対象外   
|   ├──  #current-cloud-backend/       (自動生成)  直近に取得したクラウド構成, Gitリポジトリの管理対象外
|   └──  team-provider-info.json       (自動生成)  Environment設定(Permission, Category, CloudFormation Stack)を格納
└──  src/
    ├── App.vue                         (編集可)     Vueの単一コンポーネントファイル   
    ├── components/                     (手動生成)   作成したVueコンポーネント
    ├── Authenticator.vue              (手動生成)   認証画面コンポーネント
    |    └── Question.vue              (手動生成)   操作画面コンポーネント
    ├── graph/                          (自動生成)   GraphQL statement
    |    ├── mutation.js               (自動生成)   
    |    ├── queries.js                (自動生成)   
    |    ├── schema.json               (自動生成)   
    |    └── subcriptions.js           (自動生成)   
    ├── router/                         (手動生成)   ルータコンポーネント
    |    └── index.js                  (手動生成) 
    ├── main.js                         (編集可)     Vueのエントリーポイント      
    └── aws-exports.js                  (自動生成)   AWSリソースのエンドポイント等の情報を格納, Gitリポジトリの管理対象外