Amazon VPC (1)Amazon Virtual Private Cloud とは

VPC

各アベイラビリティゾーンのデフォルトサブネットを持つデフォルトVPCが標準で作成され、インスタンス起動時にサブネットを指定しなかった場合は、このデフォルトVPCが指定される。これに加えて、ユーザ独自にデフォルト外VPCを作成することが可能である。VPCは、ルータを通じて他のVPCと接続(ピアリング接続)したり、S3などの他のAWSサービスのエンドポイントと接続したり、VPN経由で自社のネットワークと接続したりすることが可能である。

VPCは生成する際にサイズを指定することが可能で、/16から/28までを指定できる。生成後にサイズを変更することはできない。指定するCIDR ブロックは、プライベートIPアドレスの範囲から指定することが望ましい。

デフォルトVPC

デフォルトVPCには、ルータインターネットゲートウェイが含まれており、各サブネットは、インスタンスに対してパブリックIPの割り当てが実行される、インターネットに接続可能なパブリックサブネットである。

デフォルトVPC

デフォルト外VPC

デフォルト外VPCには、ルータやインターネットゲートウェイが含まれておらず、自分で設定に加える必要がある。また、サブネットも標準では、パブリックIPの割り当てが行われず、*プライベートサブネット**に設定されている。

デフォルト外VPCでインターネット接続を可能にするためには、インターネットゲートウェイのアタッチや、ルーティングテーブルの追加、各インスタンスへのElastic IPの割り当てが必要である。プライベートサブネットの場合、サブネット内のインスタンスが直接インターネットに接続することができないため、別のパブリックサブネット内にNAT gatewayを生成し、このNAT gateway経由でインターネットと接続を行う。Elastic IPの数には限りがあるので、静的なIPアドレスを多く使用するようなネットワーク構成の場合にも、NAT gatewayは有効である。

サブネット

サブネットは、アベイラビリティゾーン単位で指定できる。サブネットは生成する際にサイズを指定することが可能で、/16から/28までを指定できる。指定したCIDR ブロックの先頭4アドレスと最後の1アドレスは使用することができない。なお、先頭アドレスは、ルータに接続されるIPアドレスとなっている。

ルーティング

各VPCには暗黙的なルータ(implied router)が存在し、標準ではVPC内の各サブネット間の通信のみ許可されている。また、ルートテーブルは、標準で生成されるメインルートテーブルと、各サブネットにそれぞれ割り当てることが可能なカスタムルートテーブルが存在する。明示的にルートテーブルの関連付けを行わない場合は、メインルートテーブルにアタッチされる。インターネットゲートウェイを通じて、インターネットに接続する場合は、ルートテーブルにインターネットゲートウェイへの経路を明示的に追加する必要がある。

ネットワークインタフェース

ネットワークインタフェースは、インスタンスにアタッチ、デタッチしても属性情報は変わらない。1つのインスタンスに複数のネットワークインタフェースをアタッチすることで、管理用ネットワークを別に作成することなどが可能となる。一方で、複数のネットワークインタフェースが存在すると、パブリックIPアドレスの自動割り当ては利用不可となる。

Pocket