AWS Cognito(5)スロットリング

スロットリングとは

AWSは各サービスにサービス制限(スロットリングを行っており、各アカウントごとに使えるリソースの上限が設定されている。例えば、EC2は初期状態では最大20台までしかインスタンスを起動できない設定となっている。フルマネージドのサービスに対してもこれらの制限が設定されており、「フルマネージド」という名称でありながら負荷に合わせて際限なくスケールするわけではない。また、サービスによっては、サービス制限一覧にこの上限値が明記されていないものもある。

上限値以上にリソースを使用する場合はサポートプランに加入の上、サポートに必要なリソース数とその理由を付けて上限値の引き上げや撤廃を申請する必要がある。上限値の変更が必要な理由が不明確であったり必要以上のリソースを要求すると、要望が叶えられないこともあるので注意が必要である。理由を明確にした上で申請する必要がある。

なお基本的にAWSのマネージドサービスは、「定常的な利用」や「一時的なサービスを簡単に作成するため」に提供するシステムであるという考え方のようで、バースト的なアクセスや複雑な処理、定常的に大きな負荷が掛かる処理については、EC2上にシステムを構築して利用すべきであるというのがAmazonの方針のようである。大きな負荷の掛かる処理の場合は、上限引き上げ申請するだけでなく、EC2を用いて実現できないかについても検討すべきであろう。

Cognitoのスロットリング

AWSのサービスは日々拡張されていっているので、スロットリングの値は随時変更されている可能性がある。その前提のもと現時点で、

  • Cognito Identity: 数百/毎秒程度
  • Cognito Sync : 数千/毎秒程度

でスロットリングされており、それ以上の負荷が掛かる可能性があったりそれ以上のリソースを必要とする場合は、サポートに上限引き上げの申請を行う必要があるようだ。また、申請を行ったとしても標準値の数倍程度までしか拡張できないようである。Cognitoは昨年の9月に東京リージョンにきたばかりのサービスであるので、用意されているリソースにも限りがあるのかもしれない。今後のリソース拡張に期待したい。

Pocket