AWS System Manager(1)System Managerの概要

AWS System Manager

AWS System Manager は、統合インタフェースでインフラを可視化し、EC2のみならず オンプレミス上のサーバ を含めたさまざまなリソース( マネージドインスタンス )を管理し表示することができる。これによりモニタリングやトラブルシューティング、リソースとアプリケーションの管理などを迅速に行うことができる。

これらのリソースは、リソースグループ と呼ばれるグループごとに分類でき、状態をダッシュボード上から俯瞰することができるため、アプリケーションに影響を当てる可能性のあるリソースをすばやく特定することができる。また、OSのパッチレベルやソフトウェアのインストール状況なども簡単に確認することができる。

また、インスタンスの停止や再起動などの 運用タスクの自動化 や、リモートからのパッチの適用や設定の変更などができるため、ヒューマンエラーや運用負荷の軽減を図ることが可能である。

なお、System Managerは、過去に Simple Systems Manager と呼ばれていたため、現在も略して SSMと呼称される。

AWS System Managerの機能

System Managerを用いることで、以下を行うことができる。

カテゴリ サービス名 内容
運用管理 Explorer 運用データ(OpsData)を集約して表示するダッシュボード
運用管理 OpsCenter 運用作業項目(OpsItems)の表示と調査
運用管理 CloudWatch Dashboards メトリクスの表示
運用管理 Trusted Advisor & Personal Health Dashboard (PHD) プロビジョニングとヘルスイベントの表示
アプリケーション管理 Resource Groups AWSリソースの グループ化
アプリケーション管理 AWS AppConfig
  • マネージドインスタンスの 設定の一元管理
  • タスクの スケジュールと自動化
  • アクションの作成
  • コマンドの実行
  • マネージドインスタンスへのアクセス
  • パラメータの保管と使用
  • 自動インベントリ
  • コンプライアンス違反リソースの表示
  • メトリクスの表示

SSM Agent

SSM Agentは、EC2オンプレミスサーバ にインストールすることのできるソフトウェアで、System Managerはこのソフトウェアを介して、これらのリソースの更新や管理、設定を行うことができる。 EC2上で提供されているWindows ServerやAmazon Linux、 Ubuntu ServerのAMIには、あらかじめSSM AgentがインストールされているSystems Manager エンドポイントとの間でHTTPS通信を確立する必要があり、HTTP Proxy経由で通信する設定にすることもできる。なお、このエージェントの動作ログは以下の場所に格納されている。

  • /var/log/amazon/ssm/amazon-ssm-agent.log
  • /var/log/amazon/ssm/errors.log

SSM Agentの実行にはroot権限が付与 されていることから、このSSM Agentを用いて SendCommand や StartSession コマンドを行うことが可能なAWS上のIAM ユーザ等の管理や権限付与には注意する必要がある。SSM Agentをリリースのたびに更新し最新のバージョンを保持するためには、マネージメントコンソール上のマネージメントインスタンスのページから、Agent auto update (エージェントの自動更新)を選択する。

運用管理

Explorer

Explorerは、AWSリソースの情報を表示するダッシュボード。AWSアカウント全体もしくは当該リージョンの Amazon EC2Systems Manager OpsCenterSystems Manager Patch Manager などから運用データを取得し、これを一覧で確認することができる。

Explorerでは、 タグで情報をフィルタリング したり、 リソースデータの同期 機能を用いて、 複数のアカウントの情報を横断的に閲覧する こともできる。

OpsCenter

OpsCenterは、運用データを表示・調査・解決するための場所である。これを用いることで、各事象に対して迅速な対応が可能。

インスタンスとノード

コンプライアンス

コンプライアンスは、マネージドインスタンスをスキャンして、パッチコンプライアンスと設定の不一致を確認することができる 。具体的には、Patch Manager によるパッチ適用State Manager による Association に関するコンプライアンスデータ が表示される。また、 設定変更履歴をConfigから取得 したり、コンプライアンスをカスタマイズして 独自のルールを作成 したり、Run Command や State Manager を使って問題を修復 できる。

Resource Data Sync を用いることで、全てのマネージドインスタンスからのコンプライアンスをS3に蓄積/集約することができる。これらのデータは、Amazon Athena および Amazon QuickSight で可視化することもできる。データを蓄積するS3には、System Managerからのデータ書き込みを許可する Bucket Policy の作成が必要

インベントリ

インベントリを使用することで、 マネージドインスタンスからメタデータを収集 することができる。収集できるメタデータは、以下の通り。

カテゴリ 内容
アプリケーション アプリケーション名、発行元、バージョンなど
AWS コンポーネント EC2 ドライバ、エージェント、バージョンなど
ファイル 名前、サイズ、バージョン、インストール日、変更および最新アクセス時間など
ネットワーク設定の詳細 IP アドレス、MAC アドレス、DNS、ゲートウェイ、サブネットマスクなど
Windows 更新 Hotfix ID、インストール者、インストール日など
インスタンスの詳細 システム名、オペレーティングシステム (OS) 名、OS バージョン、最終起動、DNS、ドメイン、ワークグループ、OS アーキテクチャなど
サービス 名前、表示名、ステータス、依存サービス、サービスのタイプ、起動タイプなど
タグ インスタンスに割り当てられるタグ
Windows レジストリ レジストリキーのパス、値の名前、値タイプおよび値
Windows ロール 名前、表示名、パス、機能タイプ、インストール日など
カスタムインベントリ カスタムインベントリの操作 に説明されるようにマネージドインスタンスに割り当てられたメタデータ

これらのデータも、上述の Resource Data Sync でS3に保存することができる。インベントリのセットアップは、SSMドキュメントの AWS-GatherSoftwareInventory を Association で実行することによって実現できる。

Run Command

Run Commandを使用することで、マネージドインスタンスにログインすることなく安全に、管理タスクを実行することができる。Run Commandを実行するためには、コマンドを発行するIAM ユーザに実行権限を付与する必要がある。また、対象のインスタンスに対しても、 IAMインスタンスプロファイルを作成して適用する 必要がある。

State Manager

State Managerは、EC2等を定義された状態に保つプロセスの自動化を行う。例えば、起動時に特定のソフトウェアをインストールする、ネットワークを構成する、ソフトウェアの更新を行うなどのタスクを行う。

Patch Manager

Patch Managerは、セキュリティ関連などのパッチをマネージドインスタンスに対して適用するプロセスの自動化を行う。 ベースライン と呼ばれるパッチの適用ルールには、 リリースから数日以内に自動承認されるルール と、 承認済みおよび拒否済みパッチのリスト が含まれている。サポートされるOSは、 パッチマネージャーの前提条件 を参照のこと。各OSには、パッチ適用用のリポジトリが用意されており、これを指定するか、 代替パッチソースリポジトリ を指定することもできる。

AWSによってあらかじめ用意されている定義済みパッチベースラインの場合、

  • 「セキュリティ」タイプで重要度レベルが「非常事態」または「重要」のすべてのOSパッチを7日後に自動承認する
  • 「Bugfix」タイプのパッチをリリースから7日後に自動承認する

などのルールが事前に定められている。これらのパッチを適用する対象のインスタンスをグループ化するために、 パッチグループ を作成することができる。パッチグループは、 1 つのパッチベースラインにのみ登録できる。また、SSMドキュメントの AWS-RunPatchBaseline を適用する際に、対象のインスタンス等を指定することもできる。 パッチが適用されるとインスタンスは再起動される

SSMドキュメント

SSMドキュメントは、マネージドインスタンスで実行するアクションを定義するスクリプト。SSMドキュメントには、以下のタイプが用意されている。使用可能なスキーマバージョンやフォーマット等が定められているため、利用する際には ドキュメントを参照のこと。AWSが提供する Automation ドキュメントの名称や挙動は、Systems Manager Automation ドキュメントの詳細リファレンスを参照する。また、公式ドキュメントは存在しないが、AWSが提供する Command ドキュメントも多数存在する。

タイプ 内容 Schema Run Command State Manager Automation Maintenance Window Distributor Session Manager Change Calendaer
Command 設定の適用 1.2, 2.0, 2.2
Automation タスクの実行 0.3
Package ソフトウェア
Session セッションの定義
Policy AWS-GatherSoftwareInventory を使用したインベントリデータの取得 2.0-
Change Calendaer カレンダーエントリ