AWS Config(1)Configの概要

AWS Config

AWS Configは、リソースごとの設定項目を生成し、履歴としてこれを保持するため、全ての変更を追跡することが可能で、AWSリソース間の関係と設定の履歴などを確認することができる。

  • リソースの設定が最適であるか
  • 現在のスナップショットの取得
  • リソース設定の取得
  • 設定履歴の取得
  • リソース間の関係の表示
  • 通知

これらの機能を用いて、リソースの管理監査とコンプライアンス設定変更の確認とトラブルシューティングセキュリティ分析などを行うことができる。

設定項目は、S3バケットに蓄積することが可能で、データはJSON形式で、S3に6時間ごとに送信される。また、リソースが変更されたタイミング等で、Amazon SNSを用いてEメール等で通知することも可能である。

AWS Configは、マルチアカウントマルチリージョンの データ集約 に対応しており、複数のアカウントやリージョンの設定、コンプライアンスデータを1つのアカウントに集約することができる。

AWS Configの概念

設定履歴と設定項目、スナップショット、レコーダ

設定履歴は、特定期間の特定リソースに関する設定項目のコレクションである。また、設定項目は、アカウント内のサポートされているAWSリソースの属性(メタデータ、関係、設定、関連イベントなど)を記録したものである。設定スナップショット は、設定項目のコレクションで、記録対象のリソースの全体像を示す。スナップショットは、S3 Bucketに配信が可能。

設定レコーダは、(標準設定では)Configがサポートしている全てのリソースの設定項目の評価と保存を行う。設定レコーダをオフにすると設定変更トリガによる評価は実行されない。一方で、定期実行トリガは引き続き指定した間隔で実行される

設定ストリーム

設定ストリームは、設定項目の自動更新リストで、リソースの作成や変更、削除が行われる度に、Amazon SNSを使用して通知を行うことができる。

ルール

AWS Configでは、望ましい設定をルールとして定めることができ、これに違反しているリソースに対しては、非準拠 のフラグを立てる。ルールは、事前に用意されたマネージドルールのほかに、ユーザが自ら作成したカスタムルールを適用することもできる。これらのルールは、リソースの設定変更時に評価されるのか、それとも定期的に評価されるのかを定義することができる。

AWS Configの仕組み

AWS Configは、サポートされているAWSリソースを検出し、リソースごとに設定項目を生成し、その記録を履歴として保持する。Configはリソースごとに、DescribeもしくはListのAPIコールによって、リソースの全ての変更を追跡する。Configルールを利用することで、定期的にこのルールに照らして、リソースの設定の評価を行うことができる。

また、この設定項目は、S3バケット もしくは Amazon SNS に配信することができる。SNSへ配信時のメッセージタイプは以下の通り。

メッセージタイプ 内容
ComplianceChangeNotification コンプライアンスタイプの変更時
ConfigRulesEvaluationStarted リソースの評価開始時
ConfigurationSnapshotDeliveryStarted スナップショット配信開始時
ConfigurationSnapshotDeliveryCompleted スナップショット配信完了時
ConfigurationSnapshotDeliveryFailed スナップショット配信失敗時
ConfigurationHistoryDeliveryCompleted 設定履歴配信完了時
ConfigurationItemChangeNotification リソース変更時
OversizedConfigurationItemChangeNotification SNSの最大サイズ超過時

AWS Configのセットアップ

AWS ConfigはCloudFormationに対応しているため、CloudFormation経由でConfigをセットアップすることができる。

サービスロールの有効化

以下のサービスロールを有効化することで、AWSリソースの読み込み権限 および S3への書き込み権限Config に、IAMとSystemManagerへの書き込み権限Config Remediation にそれぞれ付与する。

Resources:
  ServiceLinkedRoleForConfig:
    Type: AWS::IAM::ServiceLinkedRole
    DeletionPolicy: Retain
    Properties: 
      AWSServiceName: config.amazonaws.com
      Description: A service-linked role required for AWS Config to access your resources.
  ServiceLinkedRoleForConfigRemediation:
    Type: AWS::IAM::ServiceLinkedRole
    DeletionPolicy: Retain
    Properties: 
      AWSServiceName: remediation.config.amazonaws.com 
      Description: A service-linked role required for AWS Config Remediation to access your resources.

Configの有効化

DeliveryChannelConfigurationRecorder を作成する。

Resources:
  ConfigDeliveryChannel:
    Type: AWS::Config::DeliveryChannel
    Properties:
      Name: default
      S3BucketName: !Ref S3ForConfig
      SnsTopicARN: !Ref SnsTopicARN
  ConfigConfigurationRecorder:
    Type: AWS::Config::ConfigurationRecorder
    Properties:
      Name: default
      RecordingGroup:
        AllSupported: true
        IncludeGlobalResourceTypes: true
      RoleARN: !Sub arn:aws:iam::${AWS::AccountId}:role/aws-service-role/config.amazonaws.com/AWSServiceRoleForConfig

S3バケットの作成

設定情報 (履歴ファイルやスナップショット)を保存するために使用する、Amazon S3 バケットと、それに紐づくバケットポリシーを作成する。

Resources:
  S3ForConfig:
    Type: 'AWS::S3::Bucket'
    DeletionPolicy: Retain
    Properties:
      BucketName: !Sub defaultsecuritysettings-config-${AWS::Region}-${AWS::AccountId}
      LifecycleConfiguration:
        Rules:
          - Id: ExpirationInDays
            ExpirationInDays: 60
            Status: Enabled
      PublicAccessBlockConfiguration: 
        BlockPublicAcls: true
        BlockPublicPolicy: true
        IgnorePublicAcls: true
        RestrictPublicBuckets: true
  S3BucketPolicyForConfig:
    Type: AWS::S3::BucketPolicy
    Properties: 
      Bucket: !Ref S3ForConfig
      PolicyDocument:
        Version: 2012-10-17
        Id: !Ref S3ForConfig
        Statement:
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: config.amazonaws.com
            Action:
              - 's3:GetBucketAcl'
              - 's3:ListBucket'
            Resource:
              - !GetAtt S3ForConfig.Arn
          - Effect: Allow
            Principal:
              Service: config.amazonaws.com
            Action:
              - 's3:PutObject'
            Resource:
              - !Join
                - ''
                - - !GetAtt S3ForConfig.Arn
                  - /AWSLogs/
                  - !Sub ${AWS::AccountId}
                  - /Config/*
            Condition:
              StringEquals:
                s3:x-amz-acl: bucket-owner-full-control

モニタリング

他のAWSサービスを利用して、AWS Configのリソースをモニタリングすることができる。例えば、Amazon SQSAmazon CloudWatch Eventsを利用することで、AWSリソースが作成、変更、削除された際に通知を受け取ることが可能となる。