Ansible(3)システム管理モジュール

Ansible

cron

cronの設定を行う。

変数 デフォルト 内容 備考
name cron名
job 実行コマンド
minute *
hour *
day *
month *
month *
state present 実行内容 absent, present

Example

- name: Ensure a job that runs at 2 and 5 exists. Creates an entry like "0 5,2 * * ls -alh > /dev/null"
  cron:
    name: "check dirs"
    minute: "0"
    hour: "5,2"
    job: "ls -alh > /dev/null"

group

グループを管理する。

変数 デフォルト 内容 備考
name 必須 グループ名
state present 実行内容 absent, present

Example

- name: Ensure group "somegroup" exists
  group:
    name: somegroup
    state: present

lvol

LVMボリュームを作成する。

変数 デフォルト 内容 備考
vg ボリュームグループ名
lv 論理ボリューム名
size ボリュームサイズ
state present 実行内容 absent, present

Example

- name: Create a logical volume of 512m
  lvol:
    vg: firefly
    lv: test
    size: 512

mount

ファイルシステムをマウントする。

変数 デフォルト 内容 備考
path 必須 マウントポイント
state 必須 実行内容 absent, mounted, present, unmounted
src マウントパス
fstype ファイルシステム

selinux

SELinuxのポリシーを変更する。

変数 デフォルト 内容 備考
state None 実行内容 enforcing, permissive, disabled

Example

# Enable SELinux
- selinux:
    policy: targeted
    state: enforcing

sysctl

sysctl.confを管理する。

変数 デフォルト 内容 備考
name 必須 キー
value
state present 実行内容 absent, present

Example

# Set vm.swappiness to 5 in /etc/sysctl.conf
- sysctl:
    name: vm.swappiness
    value: 5
    state: present

user

ユーザを管理する。

変数 デフォルト 内容 備考
name 必須 ユーザ名
password パスワード
groups グループ名
shell シェル
createhome yes ホームディレクトリを作るかどうか
home ホームディレクトリ

Example

- name: Add the user 'johnd' with a specific uid and a primary group of 'admin'
  user:
    name: johnd
    comment: John Doe
    uid: 1040
    group: admin

timezone

タイムゾーンを設定する。

変数 デフォルト 内容 備考
name タイムゾーン

Example

- name: set timezone to Asia/Tokyo
  timezone:
    name: Asia/Tokyo