AirPods(1)Apple Storeで当日にAirPodsを購入する方法

Apple Storeアプリで購入し店舗で受け取る

12/14に突如発売がアナウンスされたAirPods。当初は最短で12/19お届けだった配送スケジュールも、予約が殺到した結果、あっという間に伸びていき、今や6週間待ち。では、2月中旬まで待てない人は、どうやって入手したら良いのか。一番手っ取り早いのは、Apple Storeまで出向き直接購入する方法だが、これも下の写真のとおり、開店前から長蛇の列で、おまけに入荷されない日の方が多いとのこと。実際にApple Storeに開店前から並んでみたが、開店30分前には、修理や他のApple製品購入の人間も含めて、50人近くが列に並ぶという状況で、列に並んでいる途中にApple Storeの店員から、「在庫が少ないので販売は確約できない」と言われてしまう始末。ではどうしたらよいのか。

Apple Store 心斎橋

列に並んでいる人に対して、開店前にApple Storeの店員からアナウンスがあり、一番早くAirPodsを入手するためには、iOSのApple StoreアプリからAirPodsを購入して、店頭受け取りを指定するという方法が良いとのこと。実際にApple StoreアプリからAirPodsを選択してみると、

Apple Store アプリ

まさかの当日店舗受け取りが可能となっている。Apple Storeアプリからすぐさま購入すると、クレジット決済や在庫の確認等のため、15分程度処理中のステータスとなるが、その後すぐに受け取り待ちのステータスとなり、

Apple Store アプリ

受け取り待ちのステータスになったことを確認した直後に、店舗で購入を申し出ると、すぐに購入手続きへと移ることが可能でした。Apple Storeアプリの店舗受け取りにしている商品の案内は、(AirPodsに限らず)最優先で手続きしてくれるとのこと。というわけで、年内にAirPodsを購入するための最善の方法は、Apple Storeアプリで購入し店舗で受け取る。これだと寒空の下で列に並ぶ必要が無く、購入完了後の好きな時間に店舗に赴けばよい。ただし、店舗に商品が入荷されたタイミングで、当日店舗受け取りが可能なステータスに変更となるようなので、いつ購入しても当日に受け取れるというものでは無いようである。また、店舗受け取りに指定した場合は、3週間以内であればいつ来店しても確実に商品が受け取れる一方で、3週間以内という期限が設けられているので、期限切れには注意が必要だ。

Pocket