AWS Amplify(1)Amplifyの概要

AWS Amplifyとは

AWS Amplifyは、モバイルアプリやウェブアプリの実装を容易にするフレームワークで、AWS上のバックエンドをプロビジョニングし、iOSAndroidWeb、React Native上などのフロントエンドと簡単に統合することができる。バックエンドのサービスを設定可能なAmplify CLIや、Web上に展開するAmplify JSなどのリソースがGitHub上で提供されており、認証解析プッシュ通知ボットなどの機能を実装することが可能である。

提供される機能の例 AWSサービス 内容
Analytics Congito/Pinpoint ユーザのセッションや属性などを計測
API Lambda + API Gateway REST/GraphQL APIの利用
Aythentication 認証APIとpre-build UI component
Storage S3 + Cloudfront 静的コンテンツの管理
Interactions Botの構築
PubSub リアルタイムデータのやりとり
Notification プッシュ通知
XR AR/VR

Amplify CLI

Amplify CLIを用いることでバックエンドを簡単に設定することができる。バックエンドのカテゴリごとにカテゴリプラグインや、プロバイダープラグインフロンドエンドプラグインなど様々なプラグインが用意されている。これらのリソースの状況は、amplify statusコマンドで確認することができる。

実行順序 コマンド 内容
1 amplify configure AWSユーザや認証情報の設定
2 amplify init プロジェクトの作成
3 amplify add カテゴリの追加
4 amplify push バックエンドのデプロイ