AWS CloudWatch(2)システム運用における監視項目

AWSでシステム構築を行う場合、基本的にはこのCloudWawtchのみの監視で十分なことが多い。様々な監視項目が存在するが、システム運用を行う際に特に監視する必要のある項目は以下の通り。

DynamoDB

多くの項目がデフォルトで 1 分ごとにデータを送信するが、5 分間隔で送信されるデータも存在する。事前に設定した容量(スループット)が十分であるかを監視しておくと良い。

  • ProvisionedReadCapacityUnits
  • ConsumedReadCapacityUnits
  • ProvisionedWriteCapacityUnits
  • ConsumedWriteCapacityUnits

EC2

Amazon EC2 はデフォルトで 5 分ごとに CloudWatch にデータを送信する。インスタンスを作成する際に、「詳細モニタリングを有効」にチェックを入れることでこれを 1 分ごとに変更することができるCPU使用率を監視しておくと良い。

  • CPUUtilization

Kinesis

事前に設定した容量(シャード数)が十分であるかを監視しておくと良い。

  • PutRecords.Records
  • IncomingRecords
  • GetRecords.Bytes