AWS認定(3)SysOps アドミニストレーター(アソシエイト)に合格するまで

AWS認定SysOpsアドミニストレーター試験合格に向けての資料集。以下の資料を何度も読み込んで、手を動かしながら実践を繰り返すことが合格の近道となる。

出題範囲と学習法

AWS認定SysOpsアドミニストレーター試験の問題は、AWS上でデプロイ運用管理を行う際に、可用性や拡張性を考慮してどのようなサービスや機能を選択すべきかについて問われることが多い。AWSが提供するサービスは100を超えるが、本試験を受講する上では以下のサービスを理解しておくことが望ましい。

カテゴリ サービス名
コスト管理 Cost Explorer
コンピューティング Auto Scaling, ELB
データベース RDS
マネジメントとガバナンス CloudWatch, Personal Health Dashboard, Config, System Manager, CloudFormation, Trusted Advisor
移行と転送 Snowball
ネットワーキングとコンテンツ配信 VPC, Route 53, DirectConnect
セキュリティとコンプライアンス IAM, Organizations
ストレージ S3, Glacier, EBS

勉強法は、

  1. サンプル問題集に目を通してレベルを確認する
  2. 以下の資料を読みながら実際に各サービスに触れる
  3. 模擬試験を受講する

で十分合格ラインに行くかと。ちなみに学習時間はソリューションアーキテクトとデベロッパーを取得済みだったので3日ほど。なお、各サービスのドキュメントにベストプラクティスの項目が存在する場合は、該当部分を理解しておく

対策本

対策本はほとんど発売されていない。以下の本が唯一の試験対策本。この本には、各サービスの概要や特徴が簡潔に書かれており、AWSの各サービスの概要を学ぶためには非常に有効。一方で、章末問題と実際の試験問題は異なるので、実際の問題に慣れるためには、模擬試験の受講が必要である。

AWSの概要とセキュリティ

AWS(1)AWSの概要とメリット
AWS(4)Well-Architectedフレームワーク
AWS(5)セキュリティのベストプラクティス

AWS Identity and Access Management

AWS(2)セキュリティの概要
AWS Identity and Access Management(1)IAMの概要
AWS Identity and Access Management(4)STS

AWSの基本サービスの概要

Amazon EC2 と Elastic Load Balancing

AWS EC2(1)EC2の概要
AWS EC2(3)AMIとインスタンス
AWS EC2(6)Elastic Load Balancing
EC2(7)Auto Scaling

Amazon VPC

AWS VPC (1)Amazon Virtual Private Cloud とは

Amazon S3

AWS S3(3)S3の概要
AWS S3(4)使用する上で注意すること

Amazon RDS

AWS RDS(1)Relational Database Serviceの概要

Amazon SQS

AWS SQS(1)Amazon Simple Queue Serviceの概要

AWS CloudFormation

AWS CloudFormation(1)CloudFormationの概要

Amazon CloudWatch

AWS CloudWatch(1)CloudWatchの概要

XCodeからiTunes Connectへアップロード後に`has change to Invalid Binary`エラー

XCodeからiTunes Connectへアーカイブファイルをアップロードした後にhas change to Invalid Binaryエラーが発生した場合は、問題の詳細がメールで送信されてくる。

Missing Push Notification Entitlement

Missing Push Notification Entitlementは、Apple Developer > Certificates, Identifiers & Profiles > App IDsでPush Notificationsが有効化されていないか、もしくは、XCode -> TARGET -> Capability -> Push NotificationsでPush Notificationsが有効化されていないかのいずれかの場合が多いため、これらの設定を見直した上で再度アップロードを行う。

Missing Push Notification Entitlement – Your app includes an API for Apple’s Push Notification service, but the aps-environment entitlement is missing from the app’s signature. To resolve this, make sure your App ID is enabled for push notification in the Provisioning Portal. Then, sign your app with a distribution provisioning profile that includes the aps-environment entitlement. This will create the correct signature, and you can resubmit your app. See “Provisioning and Development” in the Local and Push Notification Programming Guide for more information. If your app does not use the Apple Push Notification service, no action is required. You may remove the API from future submissions to stop this warning. If you use a third-party framework, you may need to contact the developer for information on removing the API.

Certificatesの修正が必要な場合

Push Notificationsを有効化

XCode上で修正が必要な場合

Push Notificationsを有効化

privacy-sensitive data without a usage description

iOS10よりユーザデータにアクセスする場合は、使用目的をInfo.plistに記述する必要がある。

We have discovered one or more issues with your recent delivery for “YOUR APP NAME”. To process your delivery, the following issues must be corrected: This app attempts to access privacy-sensitive data without a usage description. The app’s Info.plist must contain an NSCameraUsageDescription key with a string value explaining to the user how the app uses this data.

Info.plistに記述した文言は、データアクセスの許可を求めるポップアップ上に表示される。NAVITIMEアプリの場合はこんな感じ。

NAVITIMEアプリ