クラスタ構築(3)リソースの登録と運用コマンド

Pacemaker + Corosync で構成したクラスタ内にリソースを登録し、サービスの冗長化を行う。

リソースの登録

  • 仮想IPリソースの登録
    リソースタイプocf:heartbeat:IPaddr2は、仮想IPv4アドレスを意味する。以下の例では、30秒ごとにリソースの監視を行う。
pcs resource create myvip ocf:heartbeat:IPaddr2 ip=192.168.0.11 cidr_netmask=24 op monitor interval=30s
  • Systemdリソースの登録
    以下の例では、10秒ごとにリソースの監視を行い、20秒で動作失敗と判断する。
pcs resource create httpd systemd:httpd params op monitor interval=10s timeout=20s
  • グループ登録
    複数のリソースを1つのグループに登録することができる。
    グループに登録すると、各リソースの起動や乗り換えは、グループ単位で行われる。
pcs resource group add mygroup enq_ext_vip myvip httpd

リソースの制約

各リソースには、起動順序や起動場所、起動条件などのリソース制約を課すことができる。

  • 起動場所の制約
    以下の例では、httpdリソースはホストcluster01で優先して起動する。
pcs constraint location httpd prefers cluster01
  • 起動順序の制約
    以下の例では、httpdリソースはmariadb-cloneの起動のあとに起動する。
pcs constraint order mariadb-clone then httpd
  • 起動条件の制約
    以下の例では、httpdリソースはマスターDBが起動している場所で起動する。
pcs constraint colocation add httpd with master mariadb-clone

運用コマンド

Pacemaker + Corosync によるクラスタ構成の監視および運用で使用するコマンドは以下の通り。

  • クラスタの起動と終了
pcs cluster start --all
pcs cluster stop --all
  • クラスタの状態監視
# 状態表示
pcs status
# リアルタイム状態表示
crm_mon
# クラスタ間通信の状態表示
corosync-cfgtool -s
# 設定確認
pcs config
Pocket