AWS Elemental(3)MediaLive の概要

Elemental MediaLive

MediaLiveは、マルチスクリーンデバイス用に高品質なビデオストリームを作成できる、放送品質の ライブ動画処理サービス 。入力されたストリーミングをリアルタイムでエンコードする。インフラストラクチャ全体をわずか数分で立ち上げることが可能で、スケーリングやフェイルオーバ等の機能も兼ね備えている。MediaLiveは、複数のAZを跨いで透過的に管理されているなど 高い信頼性 があるため、潜在的な問題が生じても、ライブチャンネルが中断されることはない。また、入力されたストリーミングを リアルタイムでエンコード するだけでなく、統計的多重化、広告マーカーサポート、音声機能 (音量正規化、ドルビーオーディオ、複数の字幕規格など) といった高度機能を持つ。

MediaLiveのサービスリミットは以下の通り。

主な特徴

MediaLiveは、以下のような特徴を持つ。

  • 最新のコーデックを含めて様々な動画規格をサポート
  • 広告マーカー、クローズドキャプション、多言語対応の音声トラック、音声ガイド、ラウドネス補正などの機能をサポート
  • インフラストラクチャを自動でデプロイ、スケーリング、修復
  • 他のElementalサービスとの連携が容易

仕組み

ライブストリーミングを行う際には、以下の3つのシステムが含まれることが一般的である。

システム 内容 備考
アップストリームシステム ソースコンテンツの提供 カメラ, エンコーダ
MediaLive チャンネル ソースコンテンツを取り込んでトランスコードを行う MediaLive
ダウンストリームシステム MediaLiveが生成するコンテンツの出力先 MediaPackage, CDN

パイプライン

MediaLiveの内部で、パイプインが生成されて、その中で処理が実行される。 2つのパイプラインを生成することが奨励 されており、この場合は、 それぞれのパイプラインが独立して同じ処理を実行 することで、可用性が向上する。

入力

MediaLiveへの入力は、プッシュとプルの場合が存在し、これらの入力には、 入力セキュリティグループ が関連づけられている。

チャンネル

チャンネルは、 1度に1つの入力からソースコンテンツを読み取りトランスコード を行った上で 出力グループに対してパッケージ化 を行う。出力は複数設定することが可能である。

料金

入力、出力、アドオン機能、アイドルリソース、データ転送のそれぞれのディメンションに対して重量課金される。オンデマンド料金とリザーブド料金が存在し、後者の場合は12ヶ月の契約が必要となる一方で割安な費用で利用できる。

なお、MediaLiveでは、解像度を以下のように定義している。

解像度 ピクセル
SD 〜 1280×720
HD 1280×720 〜 1920×1080
UHD 1920×1080 〜 4096×2160